InDesign 基本講座

オブジェクトを整列させる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
[整列]パネルを用いて、複数のオブジェクトを整列させるさまざまな方法をを解説します。数値を指定しての整列も可能です。
講師:
04:32

字幕

オブジェクトを揃えるには様々な方法があります。予め用意したガイドに揃えたり「変形」パネル等に座標値の値を入力して揃えたりする、といった方法がありますが「整列」パネルを使用するとオブジェクトを手軽に整列させられます。このレッスンでは「整列」パネルを利用して複数のオブジェクトを整列させる方法を学びます。まず「整列」パネルを表示しておきましょう。「ウィンドウ」>「オブジェクトとレイアウト」>「整列」こちらを選択します。「整列」パネルが表示されます。「選択ツール」で整列させたいオブジェクトを全て選択します。このまま、整列させても良いのですが任意のオブジェクトを基準としてそのオブジェクトに揃えたい場合にはキーオブジェクトを指定します。キーオブジェクトは再度、「選択ツール」でクリックするとそのオブジェクトが青くハイライトされキーオブジェクトとして設定されます。ここでは、このキーオブジェクトを基準に上の端を揃えてみましょう。「整列」パネルの「上端揃え」のアイコンをクリックしてみましょう。すると、この様にキーオブジェクトの上の端に他のオブジェクトの上の端が揃います。ちなみにオブジェクトの中心を基準に揃えたい場合にはこちらの「垂直方向中央揃え」更に、下端を基準に揃えたい場合にはこちらの「下端揃い」をクリックします。 どこを揃えたいかによってこちらの「オブジェクトの整列」のいずれかのアイコンを クリックすれば良いわけです。アイコン表示を見れば、どの様に揃うかは大体理解できるかと思いますがアイコンにマウスポイントを重ねるとそれぞれ、機能名が表示されるのでそちらの名前で動作を確認することもできます。なお、キーオブジェクトを指定せずに整列を実行した場合上端揃いであれば最も上にあるオブジェクト下端揃いであれば最も下にあるオブジェクトを基準にオブジェクトが揃います。では、選択を解除します。今度はオブジェクトを分布させてみましょう。分布とは、オブジェクトを均等の間隔で配置することです。まず、「選択ツール」で分布させたいオブジェクトを全て選択します。選択したらこちらの「水平方向中央を基準に分布」のアイコンをクリックしてみましょう。この様に、選択している各オブジェクトの中心を基準として中心から中心の距離が同じになる様オブジェクトが移動します。この際両端のオブジェクトは動きません。ちなみに、キーオブジェクトを設定しておくことも可能です。今度は、中心から中心の距離を数値で指定してみましょう。目的のオブジェクトを全て選択したら「間隔を指定」、こちらにチェックを入れ数値を入力します。 ここでは「55mm」と入力しました。入力できたらこちらの「水平方向中央を基準に分布」こちらのアイコンをクリックします。すると、各オブジェクトの中心から中心の距離が55㎜で整列します。今度は等間隔で分布させてみましょう。先ほどはオブジェクトの位置を基準に整列させた為オブジェクトの間隔は同じではありませんでした。今度は、オブジェクトとオブジェクトの間隔が同じになるよう整列させてみたいと思います。整列させるオブジェクトを全て選択したら「整列」パネルの「等間隔に分布」のいずれかのアイコンをクリックします。この時に間隔を数値で指示したければ「間隔を指定」、こちらにチェックを入れ間隔の値をこちらに入力します。ここでは「5㎜」と入力しこちらの「水平方向に等間隔に分布」こちらのアイコンをクリックします。すると、指定したオブジェクトの間隔が5㎜で分布します。この様に「整列」パネルを使用すると複数のオブジェクトを整列させることができます。このレッスンでは「整列」パネルを利用したオブジェクトの整列方法を解説しました。基本的には目的のアイコンをクリックするだけと手軽にオブジェクトを揃えることができる為非常によく使用されるパネルです。 ぜひ活用してみてください。以上、「整列」パネルを利用した複数のオブジェクトの整列方法を学びました。

InDesign 基本講座

このコースではInDesignの基本的な操作から実践的な操作まで豊富なInDesignの機能をひと通り理解するとともに、仕事で役立つより実践的な使い方も併せて解説します。マスターページやテキストフレームなどInDesignを扱ううえでのベースとなる考え方も丁寧に解説しています。

6時間49分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
InDesign InDesign CC
価格: 3,990
発売日:2014年10月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。