InDesign 基本講座

スマートガイドを利用してオブジェクトを揃える

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スマートガイド、スマートサイズ、スマートスペーシング、スマートカーソルの4つの機能を使用することで、マウス操作のみでオブジェクトの位置やサイズを揃えることができます。
講師:
05:24

字幕

オブジェクトを新規に作成したり他のオブジェクトに揃えたり移動、変形する際に便利なのがスマートガイドの機能です。スマートガイド、スマートサイズスマートスペーシング、スマートカーソルの4つの機能からなっており作業内容に応じた様々なガイドが表示され直観的に作業できます。このレッスンではスマートガイドを活用したオブジェクトの操作方法について学びましょう。まずはスマートガイドから見ていきましょう。オブジェクトを揃える際に他のオブジェクトの端や中心に揃う位置に来るとガイドが表示されます。これがスマートガイドの機能です。例えばこちらのマゼンタとシアンのオブジェクトがあるようなケースでシアンのオブジェクトを移動させてみましょう。シアンのオブジェクトを移動させていくとこの様に上端が揃う位置に来るとガイドが表示されます。そのままマウスを話すとスナップします。更にオブジェクトを下の方に移動すると今度はオブジェクトの中心が揃う位置に来るとガイドは表示され、スナップします。この様にオブジェクトの端や中心が揃う位置に来るとガイドが表示され、スナップされるためマウス操作だけで簡単にオブジェクトを揃えることができます。 今度は別のオブジェクトを使って角度を揃えてみましょう。ページを移動します。こちらのシアンのオブジェクトを回転させていくとマゼンタのオブジェクトの角度とシアンのオブジェクトの角度が同じ角度になる位置に来るとガイドが表示され、スナップされます。やってみましょう。カーソルをコーナーに持っていくとこの様に、回転させることが可能になります。このまま回転させていくとこの様に、隣のオブジェクトと角度が同じ位置に来るとガイドが表示され、スナップします。これもスマートガイドの機能です。次は、スマートサイズをご紹介します。こちらのオブジェクトでスマートサイズの機能を実行してみましょう。スマートサイズとはオブジェクトを新規で作成したりサイズ変更や回転する際に周りのオブジェクトと同じサイズや、角度になるとハイライトが表示される機能です。例えば、このシアンのオブジェクトのサイズを大きく変更してみましょう。ハンドルを掴んで下方向にドラッグします。この時、隣のマゼンタのオブジェクトと高さが同じになるところでガイドが表示されマウスを離すと高さが同じになります。またこちらのオブジェクトを選択しハンドルを掴んで右方向にドラッグすると上のマゼンタのオブジェクトと幅が同じサイズになるところでスナップします。 このままマウスを離せば上のオブジェクトと幅を揃えることができます。次は、こちらのオブジェクトを使ってスマートスペーシングの機能をご紹介します。スマートスペーシングとは他のオブジェクトとのスペースと同じスペースになるとガイドが表示されオブジェクトをスナップできる機能です。複数のオブジェクトを等間隔で整列させたいような場合に便利です。例えば、こちらの3つのオブジェクトの間隔を揃えてみましょうシアンのオブジェクトを選択しこの様に移動させていくと隣のオブジェクトの間隔と同じ間隔になるところでガイドが表示されスナップします。このままマウスを離すと間隔が揃います。これがスマートスペーシングの機能です。最後にスマートカーソルの機能をご紹介します。スマートカーソルとはオブジェクトを移動したり変形させたりする際にカーソルに、この様に幅や、高さ或いはX位置やY位置また回転角度といった情報が表示される機能です。数値を入力して位置やサイズを調整しなくてもある程度、目的の位置やサイズに設定することが可能です。この様に、InDesignではスマートガイドの機能によりマウス操作だけでオブジェクトの位置やサイズを調整することができます。 ただし、オブジェクトが複雑に入り組むドキュメントではやたらガイドが表示され逆に作業しづらいケースもあります。この様な場合には、環境設定のガイドとペーストボードを変更してくださいMac の方はInDesign メニューWindows の方は「編集」>「環境設定」こちらの「ガイドとペーストボード」を選択します。「環境設定」ダイアログが表示されます。こちらに「スマートガイドオプション」の項目が用意されています。デフォルトでは全てオンになっていますが目的の項目のチェックを外してオフにすることでその機能のみを動作しないようにすることができます目的に応じてオン/オフを切り替えてください。また左側の項目から「インターフェイス」こちらを選択してみましょう。こちらに、「変形値を表示」という項目があります。こちらをオフにすることでスマートカーソルの機能をオフにすることも可能です。このレッスンではスマートガイド、スマートサイズスマートスペーシング、スマートカーソルの動作について解説しました。必要に応じて、各機能のオン/オフを切り替えながら作業すると良いでしょう。以上、スマートガイドを活用したオブジェクトの操作方法について学びました。

InDesign 基本講座

このコースではInDesignの基本的な操作から実践的な操作まで豊富なInDesignの機能をひと通り理解するとともに、仕事で役立つより実践的な使い方も併せて解説します。マスターページやテキストフレームなどInDesignを扱ううえでのベースとなる考え方も丁寧に解説しています。

6時間49分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
InDesign InDesign CC
価格: 3,990
発売日:2014年10月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。