InDesign 基本講座

複合パス・複合シェイプを設定する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
[オブジェクト]メニューの[パス]コマンドや[パスファインダー]パネルを用いて、複数のオブジェクトを複合パスや複合シェイプにする方法を解説します。
講師:
05:06

字幕

複数のオブジェクトを複合パスや複合シェイプにすることで複数のパスを一つのパスとして合成でき一つのオブジェクトとして扱うことが可能になります。また、複雑な図形なども複合パスや複合シェイプの機能を利用することで素早く作成できます。このレッスンでは複合パスと複合シェイプについて学びます。まず、「選択ツール」で目的のオブジェクトを選択しましょう。この2つのオブジェクトを複合パスにしてみたいと思います。「オブジェクト」>「パス」>「複合パスを作成」こちらを選択します。すると、この様に複合パスが作成されます。なお、選択していたオブジェクトのカラーが異なる場合最背面のオブジェクトの塗りや線が適用され一つのオブジェクトとして取り扱うことが可能になります。では、こちらのオブジェクトでも複合パスを作成してみましょう。見た目は全く同じオブジェクトです。オブジェクトを選択します。「オブジェクト」>「パス」>「複合パスを作成」を選択します。すると、先ほどとは異なる結果になったのがわかります。複合パスで作成される穴の部分はアンカーポイントが作成された順序によって定義されるため重なっている部分がこの様に、穴にならない場合があります。 この場合、複合パスを適用前のいずれかのパスオブジェクトに対し次のような操作を行います。まず、Macの方はCommand+ZWindowsの方はControl+Zを押して手順を一つ前に戻ります。こちらのいずれかのオブジェクトを選択して「オブジェクト」>「パス」>「パスの反転」こちらを選択します。再度、2つのオブジェクトを選択してみましょう。「オブジェクト」>「パス」>「複合パスを作成」を実行しますすると先ほどと同じように真ん中に穴が開いた状態で複合パスが作成されます。なお、複合パスを解除したい場合には「オブジェクト」>「パス」>「複合パスを解除」こちらを選択します。するとそれぞれ2つのオブジェクトとして複合パスを解除することが可能になります。ただしこの様に塗や線の属性までは元に戻らないので注意をしてください。今度は複合シェイプを作成してみましょう。Macの方はCommand+ZWindowsの方はControl+Zを押して手順を一つ前に戻ります。そして更にもう一度押して手順を一つ戻ります。まずは、「パスファインダー」パネルを表示させましょう「ウィンドウ」>「オブジェクトとレイアウト」>「パスファインダー」こちらを選択します。 すると「パスファインダー」パネルが表示されます複合シェイプにしたいオブジェクトを「選択ツール」で選択しこちらの「パスファインダー」パネルから目的のアイコンをクリックします。ここでは「パスファインダー」パネルの「追加」のアイコンをクリックしてみましょう。すると、最前面のオブジェクトの塗りや線の属性が適用された状態で複合シェイプが作成されます。なお「パスファインダー」パネルのコマンドはこちらの「オブジェクト」>「パスファインダー」こちらを選択することでも実行することが可能です。他にも「パスファインダー」パネルには「前面オブジェクトで型抜き」、「交差」「中マド」、「背面オブジェクトで型抜き」などのコマンドが用意されています。手順を一つ前に戻ってそれぞれ実行してみましょう。まず、「前面オブジェクトで型抜き」を実行してみます。この様に、前面のオブジェクトで背面のオブジェクトが切り抜かれます。手順を一つ前に戻ります。今度は、「交差」こちらをクリックします。するとオブジェクトが重なっている部分から複合シェイプが作成されます。手順を一つ前に戻ります。今度は、「中マド」こちらをクリックします。するとオブジェクトが重なっている部分がこの様に切り抜かれます。 手順を一つ前に戻ります。最後に「背面のオブジェクトで型抜き」こちらをクリックします。すると、背面のオブジェクトで前面オブジェクトが切り抜かれます。この様にどのコマンドを実行したかで作成される複合シェイプの形状が異なります。複合パスや複合シェイプは複数の図形を合成して手軽に一つのオブジェクトにできます。シンプルな図形を組み合わせることで複雑な図形を作成するといったこともできるためうまく活用すれば、手早くこった図形を作成することができます。ぜひ活用してみてください。以上複合パスと複合シェイプについて学びました。

InDesign 基本講座

このコースではInDesignの基本的な操作から実践的な操作まで豊富なInDesignの機能をひと通り理解するとともに、仕事で役立つより実践的な使い方も併せて解説します。マスターページやテキストフレームなどInDesignを扱ううえでのベースとなる考え方も丁寧に解説しています。

6時間49分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
InDesign InDesign CC
価格: 3,990
発売日:2014年10月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。