InDesign 基本講座

見開きから始める

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
見開きからスタートさせる方法や、任意の見開きを固定する方法を学習します。ノンブルとの関係も理解しておきましょう。
講師:
06:03

字幕

InDesignで見開きからドキュメントを始めるためには偶数のノンブルから始める必要があります。本来これが正しい仕様ですがイレギュラーなケースに対応しなければならない場合もあります。このレッスンではページの見開きのコントロールについて学びます。まず新規でドキュメントを作成してみましょう。「ファイル」>「新規ドキュメント...」こちらを選択します。「新規ドキュメント」ダイアログが表示されますのでまず「ページ数:2」そして「開始ページ番号」を奇数ここでは「1」から開始します。「マージン・段組」ボタンをクリックします。続けてOKボタンをクリックします、「ページ」パネルを表示させてみましょう。するとこの様にドキュメントは片ページからスタートします。では、もう一度新規ドキュメントを作成してみましょう。「ファイル」>「新規ドキュメント...」を選択します。同じく「ページ数:2」とし今度は「開始ページ番号」を「偶数」に設定します。ここでは「2」とし「マージン・段組」ボタンをクリックします。続けてOKボタンをクリックします。「ページ」パネルを確認してみると先ほどとは異なり今度は、見開きでページがスタートしているのが確認できます。 ただ単に見開きからページを始めたいのであればこのまま作業すればOKです。では、こちらのドキュメントの最初のページこちらを選択してページのノンブルを「1」に設定してみましょう。「ページ」パネルのパネルメニューから「ページ番号とセクションの設定...」を選択します。「ページ番号割り当てを開始」が「2」となっているのでこちらを「1」としOKボタンをクリックします。するとこの様に片ページからのスタートに変更されてしまいます。これはInDesignが右開きのドキュメントでは左ページが奇数左開きのドキュメントでは右ページが奇数になる様設計されているからです。本来、ノンブルの付け方としてはこれが正しいのですが中には、右開きのドキュメントでも左ページを偶数にしたいといったケースもあるでしょう。では、「ページ番号とセクションの設定」を設定する前の手順に戻ります。「編集」>「ページ番号とセクションの設定を取り消し」を選択します。ショートカットはMacの方はCommand+ZWindowsの方はControl+Zです。手順を一つ前に戻りました。では「ページ」パネルのパネルメニューから「ドキュメントページの移動を許可」こちらがデフォルトではONになっていますので選択をしてOFFにします。 再度ノンブルを設定してみましょう。「ページ」パネルのパネルメニューから「ページ番号とセクションの設定...」を選択します。「ページ番号割り当てを開始:1」と奇数を入力します。OKボタンをクリックします。するとどうでしょうこの様に見開きから始まるドキュメントでなお且つ、奇数のノンブルから始まるドキュメントを作成できました。「ドキュメントページの移動を許可」をOFFにしたことでノンブルが変更になってもページの移動がされなくなったわけです。この様に「ドキュメントページの移動を許可」をONにするのかOFFにするのかでページの見開きとノンブルの関係をコントロールすることができます。例えばInDesignでは見開きに最大で10ページまでのスプレッドを作成することができます。3ページ以上のスプレッドを作成する場合にもこちらの「ドキュメントページの移動を許可」がOFFになっている必要があります。ちょっとやってみましょう。マスターアイコンをクリックしてそのままドラッグをします。この様な表示になったらマウスを離します。するとこの様に4ページの見開きを作成することもできます。では、今度は別の方法で見開きを固定してみましょう。 まず、片ページから始まる3ページのドキュメントを作成します。「ファイル」>「新規ドキュメント...」こちらを選択します。「ページ数:3」とし「マージン・段組」ボタンをクリックします。続けてOKボタンをクリックします。「ページ」パネルで「2-3」ページを選択します。ページ番号のところをクリックすると見開きを選択することができます.選択したら「ページ」パネルのパネルメニューから「選択スプレッドの移動を許可」こちらがデフォルトでONになっていますので選択をして、OFFにします。するとこの様に選択していたスプレッドのページ番号がブラケット付きで表示されます。これは、このスプレッドがバラバラにならないよう固定されたことを表しています。なお、スプレッドを固定したまま奇数ノンブルから始めたい場合にはこの様に「1」ページ目のアイコンを選択して「選択されたページを削除」ボタンをクリックします。すると、奇数ノンブルから始まる見開きを作成することができます。ただし、この方法の場合後からページを追加した場合スプレッドを固定していないページは並びが崩れてしまいます。ちょっとやってみましょうページを追加します。この様に本来のページの並び方になってしまいページの見開きが崩れてしまうため注意が必要です。 このレッスンではページの見開きのコントロールについて解説しました。ポイントは「ドキュメントページの移動を許可」コマンドがONなのか、OFFなのかということです。InDesignのページの概念を理解して使いこなしましょう。以上、ページの見開きのコントロールについて学びました。

InDesign 基本講座

このコースではInDesignの基本的な操作から実践的な操作まで豊富なInDesignの機能をひと通り理解するとともに、仕事で役立つより実践的な使い方も併せて解説します。マスターページやテキストフレームなどInDesignを扱ううえでのベースとなる考え方も丁寧に解説しています。

6時間49分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
InDesign InDesign CC
価格: 3,990
発売日:2014年10月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。