InDesign 基本講座

親子関係を持つマスターページを運用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
親子関係をもつマスターページの作成方法、および運用方法を解説します。マスターページに親子関係をもたせることで、高度なマスターの運用が可能となります。
講師:
05:23

字幕

InDesign では、親子関係を持つマスターページが作成できます。親のマスターページに作成したオブジェクトは自動的に、このマスターページにも反映されるため高度にマスターページを運用できます。このレッスンでは、親子関係を持つマスターページの作成方法と運用方法について学びます。どの様に動作するかを理解しておきましょう。例えば4 章ある書籍を作成するとしましょう。この様に 、 章ごとにベースのカラーが変わるような場合通常は 4 章分のマスターページを作成します。しかし、ノンブルや柱など全ページに共通するアイテムも全てのマスターページに作成しなければなりません。こういった場合親となるマスターページ上にノンブルや柱を作成しておきます。そして異なるマスターページを4つ作成して各章のベースカラーに応じたオブジェクトを作成します。仮に、ノンブルの位置やサイズが変更になった場合でも親となるマスターページのみを修正すれば子のマスターページにも自動的に修正内容が反映されるというわけです。この様に親子関係を持つマスターページを「マルチプルマスターページ」と呼びますでは、こちらのドキュメントで実際に親子関係を持つマスターページを作成してみましょう。 ドキュメントを切り替えます。まずは、親として使用したいマスターページに移動します。ここでは、「A - マスター」こちらをダブルクリックして「A - マスター」に移動します。次に、ノンブルや柱など全ページに必要なオブジェクトを作成します。現在開いてるサンプルファイルにはこの様に柱や、ノンブルを既に作成しておきました。次に「ページ]」パネルのパネルメニューから[新規マスター...]こちらを選択します「新規マスター」ダイアログが表示されますまず、こちらの「基準マスター」 をご覧ください現在「なし」となっていますがこちらをクリックすると他のマスターページを指定することができます。つまり基準マスターに指定したマスターページが親として、新しくマスターページを作成できるというわけです。ここでは「A-マスター」を選択します。「プレフィックス」や 「名前」も設定することができますので必要に応じて入力をしておくと良いでしょう。OKボタンをクリックしてダイアログを閉じます。すると、この様に「B - マスター」が作成されます。こちらのマスターアイコンを見てみるとAとなっているのがわかります。つまり、「A - マスター」が親になっているというわけですそして、「B - マスター」 には「A - マスター」で作成した柱や、ノンブルが反映されているのがわかります。 同様の手順で「A-マスター」を親に持つ「C-マスター」や「D-マスター」「E-マスター」を作成します。作成できたらそれぞれのマスターページに対してベースになるカラーのオブジェクトを作成します。ここでは既に作成済みのファイルがあるのでそちらに切り替えてみたいと思います。ファイルを切り替えますこのドキュメントではこちらが「A - マスター」柱とノンブルが作成してあります。そして、「A-マスター」を親に持つ「B-マスター」、「C-マスター」「D-マスター」、「E-マスター」が作成してあります。それぞれ移動してみましょう「B-マスター」にはこの様な青いオブジェクト「C -マスター」にはこの様な赤いオブジェクト「D-マスター」 には黄色のオブジェクトそして、「E-マスター」には緑のオブジェクトが作成してあります。では、「A-マスター」に変更を加えてみましょう。ここでは、ノンブルのフォントとカラーを変更してみます。まず、「A-マスター」 に移動します。作業しやすいように「ズームツール」で拡大します。「文字ツール]」に持ち替えこちらのノンブルの部分を選択します。「フォント」を「小塚ゴシック Pro」「M」に変更します。 更にカラーも変更してみましょう。「スウォッチ」 パネルを表示させここでは、赤いスウォッチを選択しました。同様の手順で右ページのノンブルも修正を行います。ここでは、このまま「コピー」を行い右ページのノンブルに対して「ペースト」を行います。では、他のマスターページがどうなったかを見てみましょう。「ページ」パネルを表示させます。まず、「B-マスター」に移動します。この様にノンブルに対してフォントやカラーの変更が反映されています。では「C-マスター」 に移動します。「D-マスター」に移動します。「E-マスター」に移動します。この様に、親の修正は即座に子のマスターページにも反映されます。この様に、親子関係を持つマスターページを作成することで高度にマスターページを運用することができるわけです。このレッスンでは、親子関係を持つマスターページの作成方法と適用方法について解説しました。なお親子関係だけではなく子の、また更に子といったように複数の階層を持つマスターページも作成できますのでぜひ、活用してみてください。以上、親子関係を持つマスターページの作成方法と適用方法について学びました。

InDesign 基本講座

このコースではInDesignの基本的な操作から実践的な操作まで豊富なInDesignの機能をひと通り理解するとともに、仕事で役立つより実践的な使い方も併せて解説します。マスターページやテキストフレームなどInDesignを扱ううえでのベースとなる考え方も丁寧に解説しています。

6時間49分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
InDesign InDesign CC
価格: 3,990
発売日:2014年10月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。