InDesign 基本講座

入力しずらい字形を挿入する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
[字形]パネルを使用した文字の入力方法、およびカスタムの文字セットの作成方法を解説します。
講師:
05:44

字幕

InDesign では普通に入力できない記号類や異体字などは「字形パネル」 を使用して入力します。更に、よく使用する字形を登録することも可能となっています。このレッスンでは記号類や異体字などの入力方法及びオリジナルの字形セットの作成方法について学びます。まず、「書式」>「字形」こちらを選択して「字形」 パネルを表示します。ちなみに「ウィンドウ」>「書式と表」こちらからも 「字形パネル」を表示することが可能です。では、異体字を入力してみましょう。異体字を入力するには、まず「文字ツール」で親文字を選択します。ここではこちらの「辺」 の文字を選択しました。するとこの様に、 「字形パネル」で「辺」の文字がハイライトされます。字形の右下に、右向きの小さな三角形 が表示されていますのでこちらをクリックすると異体字がこの様に表示されます。この中から目的の異体字を選択するとこの様に、選択した字形に置き換わります。では、今度は親文字のない字形を入力してみましょう。親文字のない字形の場合は、まずテキストフレーム内にカーソルを置きます。「字形」 パネルで入力したい字形を探します。ここではこちらの記号を入力してみましょう。 ダブルクリックをします。すると、ダブルクリックをした字形がこの様に、入力されます。記号類などはこの方法で入力するとよいでしょう。なお、「表示」のプルダウンメニューから目的のものを選択すると目的の字形に素早くたどり着くことが出来ます。例えば、数字を選択すると数字に関連する字形のみが表示されます。また、「最近使用した字形」こちらには直近で使用した 35 種類の字形が表示されます。ちなみに「字形パネル」のこの下の部分からは使用するフォントを切り替えることも可能です。では、よく使用する字形を「字形セット」 として登録してみましょう。「字形セット」 を作成しておくと素早く入力ができ、便利です。まず、「字形」パネルのパネルメニューから「新規字形セット...」こちらを選択します。「新規字形セット」ダイアログが表示されるので名前を入力してOK ボタンをクリックします。ここでは、「sample」と入力しOK ボタンをクリックします。次に、「字形セット」として登録したい字形を「字形」 パネルから選択しパネルメニュー から「字形セットに追加」そして、目的の登録した「字形セット」を選択します。ここでは「sample」を選択します。 同様の手順で、登録したい字形をすべて追加していきます。追加が終わったら、パネルメニューから「字形セットを編集」こちらから自分の作成した字形セットを選択します。今回は、予め作成しておいた「Myset」という「字形セット」を選択しました。するとこの様に、「字形セットを 編集」ダイアログが表示されます。このダイアログには登録した字形がすべて表示されていますが字形の左下に、 「U」 と書かれたものと書かれてないものがあります。「U」 と書かれているものは左側のリストから、「字形」を選択してこちら、「字形のフォントを保持」 のチェックを外したものです。外してみましょう。この様に、「U」と表示されます。この項目をOFFにすると入力時には「フォント」 は指定されず様々な 「フォント」 で使用可能になります。いろいろなフォントで使用したい字形はこの項目をOFFにしておくとよいでしょう。「キャンセル」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。作成した「字形セット」は「字形」パネルのこちら表示のプルダウンメニューから選択することが出来ます。一番上に、「 Myset」 と表示されているのが確認出来ます。こちらを選択すると素早く自分が登録した字形を入力することが可能になっています。 用途に応じて、いくつかの字形セットを作成しておくとよいでしょう。なお、「字形パネル」には「旧字体」や「等幅半角字形」に置換する機能も用意されています。例えば、こちらの「辺」の字を選択して「字形」パネルの「パネルメニュー」から「旧字体」こちらを選択してみましょう。すると、この様に「辺」の字が旧字体に置き換わります。また、こちらの半角数字を選択をして「字形」パネルのパネルメニューから「等幅半角字形」こちらを選択してみましょう。すると、この様に数字した文字分で、全角幅の数字に置換するといったこともできます。この様に、パネルメニューから目的のものを選択するだけで目的の字形に置換することが可能です。このレッスンでは記号類や異体字などの入力方法及びオリジナルの字形セットの作成方法について解説しました。普通に入力できない記号類や異体字などの入力方法はきちんと覚えておきましょう。また、よく使用する字形は字形セットとして登録しておくと素早く入力できます。以上記号類や異体字などの入力方法およびオリジナルの字形セットの作成方法 について学びました。

InDesign 基本講座

このコースではInDesignの基本的な操作から実践的な操作まで豊富なInDesignの機能をひと通り理解するとともに、仕事で役立つより実践的な使い方も併せて解説します。マスターページやテキストフレームなどInDesignを扱ううえでのベースとなる考え方も丁寧に解説しています。

6時間49分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
InDesign InDesign CC
価格: 3,990
発売日:2014年10月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。