InDesign 基本講座

OpenType機能を設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
OpenTypeフォントでは、OpenType機能を使用することができます。どのような機能を地用できるかを学習します。
講師:
03:13

字幕

OpenTypeフォントを使用している場合のみ使用できるのがOpenType 機能です。任意の合字や / を用いた分数プロポーシャルメトリクスなど様々な機能を使用できます。このレッスンではOpenType機能について学びます。「文字」パネルあるいはコントロールパネルのパネルメニューには「OpenType 機能」という項目が用意されています。OpenType フォントに対してのみ使用可能な機能ですがすべての機能が利用できるわけではなくこのように、ブラケット付きで表示されている項目は現在、選択しているフォントでは使用出来ないことを表しています。つまり、フォントによって使用できる機能が変わるわけです。このレッスンでは「OpenType機能」に用意された項目のいくつかを試してみましょう。まず、「文字ツール」で目的の文字を選択します。こちら「株式会社」 という文字を選択しました。ここでは、まず「任意の合字」を適用してみましょう。「文字」パネルの「OpenType機能」>「任意の合字」こちらを選択いたします。するとこの様に、「株式会社」が一文字の「株式会社」に置換されました。同様にこちらの「野球」という文字に対しても「任意の合字」を適用してみましょう。 「OpenType 機能」>任意の合字」こちらを選択します。すると、この様に野球のボールを表す文字になりました。「任意の合字」を適用するとカタカナや漢字を使用した複合文字の図形を多数利用することができます。今度は「/」を持ちいた分数を適用してみましょう。「1/2」といったように「/」で区切られた数字を選択します。ここでは、「1/100」と「3/45」のというこちらの文字を選択 します。パネルメニューから「OpenType機能」>「スラッシュを用いた分数」こちらを選択します。すると、この様にそれぞれ「1/100」と「3/45」の分数として置換されます。今度は、 「オールドスタイル数字」を適用してみましょう。こちらの数字を選択します。パネルメニュー から「OpenType 機能」>「オールドスタイル数字」こちらを選択します。するとこの様に、字幅だけてなく高さにも変化のある数字字形に置換されます。なお、このオプションはオールキャップを使用しない古典的で洗練された印象を与えるテキストに適しています。最後に、プロポーシャルメトリクスを適用してみましょう。こちらのテキストを選択します。パネルメニューから「OpenType 機能」>「プロポーシャルメトリクス」こちらを選択します。 すると、この様に文字が詰まります。この機能はフォントが内部に持つ詰め情報を元に文字を詰める機能です。他にも、OpenType 機能には様々な機能が用意されています。目的に応じて使い分けてください。このレッスンではOpenType機能について解説しました。OpenType機能にはどのようなものがありどのようなことができるのかを理解しておきましょう。以上、OpenType機能について学びました。

InDesign 基本講座

このコースではInDesignの基本的な操作から実践的な操作まで豊富なInDesignの機能をひと通り理解するとともに、仕事で役立つより実践的な使い方も併せて解説します。マスターページやテキストフレームなどInDesignを扱ううえでのベースとなる考え方も丁寧に解説しています。

6時間49分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
InDesign InDesign CC
価格: 3,990
発売日:2014年10月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。