InDesign 基本講座

画像を切り抜き使用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クリッピングパスやPhotoshopパス、アルファチャンネル等、画像の状態に応じて、さまざまな方法で画像を切り抜き使用する方法を解説します。
講師:
06:26

字幕

InDesign では様々な方法で画像の切り抜き使用が可能ですクリッピングパスの使用はもちろんPhotoshopパスやアルファチャンネル画像の背景を透明にするなど目的や用途に応じて切り抜く方法を使い分けると便利ですこのレッスンでは画像の切り抜き使用について学びます最初に 画像のクリッピングパスを使用して切り抜いてみましょうまず Photo Shop でご覧のようなクリッピングパスを設定した画像を用意しましたこの画像を InDesign に配置してみましょうInDesign に切り替えますMini Bridge から目的の画像を配置しますするとこの様に画像はクリッピングパスをもとに切り抜かれた状態で配置されますなお切り抜いた状態がわかりやすいようにここでは 薄いブルーの背景の上に画像を配置しています今度は画像のPhotoshopパスを使用して切り抜いてみましょうPhoto Shop に切り替えます画像を変更しますこちらの画像にはこの様にPhotoshopパスが二つ設定してあります一つの画像に対してクリッピングパスは一つしか設定できませんがPhotoshopパスは複数設定することができますこの画像をInDesign ドキュメントに配置してみましょうInDesign に切り替えますMini Bridge からドラッグして配置しますまだこの段階では画像は切り抜かれていませんこの画像を選択した状態でオブジェクト > クリッピングパス >オプション...こちらを選択しますするとこの様に[クリッピングパス]ダイアログが表示されますタイプ が なしになっていますのでこちらからPhotoshopパス を選択しますするとこの様にパス が指定可能になりますこちらではPhoto Shop 上で設定してあったパス 1或いは パス 2 のいずれかを選択することが可能ですプレビュー にチェックを入れておくとどの様な結果になるかが目視で確認できますパス 2 に切り替えてみましょうこの様な形で切り抜きされますまたマージン を設定することも可能です例えば3㎜ としてみましょうするとこの様に3㎜ 内側に切り抜かれますでは 今度は-3㎜ としてみましょうすると 逆に 今度は3㎜ 大きく切り抜かれますまた反転 にチェックを入れてみましょうするとこの様に切り抜きされる部分が反転されるのがわかります[OK] ボタンをクリックすると指定した Photoshop パス をもとに 切り抜かれます今度は 画像のアルファチャンネルを使用して 切り抜いてみましょうPhoto Shop に切り替えますこちらの画像を選択します[チャンネル] パネルを表示しますこの画像にはこちらのアルファチャンネル が設定されているのがわかりますこの画像をInDesign ドキュメントに配置してみましょうInDesign に切り替えます何も選択されていない状態にしたらファイル > 配置...こちらを選択します目的の画像を選択したら読み込みオプションを表示 にチェックを入れておきます[開く] ボタンをクリックします[画像読み込みオプション]ダイアログが表示されます画像 タブをクリックしますするとアルファチャンネル が なしとなっているのが確認できますこちらからアルファチャンネル 1こちらを選択します[OK] ボタンをクリックして画像を配置しますこの様に画像は指定したアルファチャンネルをもとに切り抜かれた状態で配置されますではもう一つの方法でも実行してみましょう同じ画像をInDesign ドキュメント上に配置しますMini Bridge からドラッグしてクリックします[ズームツール] で画像を拡大しておきましょう画像を選択した状態でオブジェクト > クリッピングパス >オプション...こちらを選択します[クリッピングパス]ダイアログが表示されるのでタイプ に アルファチャンネル を選択しますするとこちらにアルファチャンネル が指定可能になりますここでは このままアルファチャンネル 1 を選択しておきますご覧の様に画像が切り抜かれた状態で表示されているのがわかりますなおしきい値 範囲 マージンなどの設定も可能です設定した値に応じてこの様に切り抜かれる状態が変化することがわかりますまたパスの内側の背景を透明にするこちらにチェックを入れるとこの様に内側のパスの部分が透明になります[OK] ボタンをクリックすると指定したアルファチャンネルをもとに切り抜きされます最後は背景を透明にした画像を配置してみましょうPhoto Shop に切り替えます画像を変更しますこちらの画像はご覧の様に背景を透明にしてある画像ですこちらを InDesign に配置してみましょうInDesign ドキュメントに切り替えます[選択ツール] でこちらの画像を選択して削除しておきましょう目的の画像を Mini Bridge からドラッグして配置しますするとこの様に切り抜いた状態で配置されますInDesign ではPhoto Shop やイラストレーター上で設定した透明をそのまま認識するのでこの様に配置するだけで 切り抜かれた状態で使用することができるわけですこのレッスンでは画像の切り抜き使用について解説しましたが色々な方法で画像を切り抜き使用できることがわかったのではないでしょうかPhoto Shop の[ペンツール] で切り抜きやすい写真なのかそれとも髪の毛の様に切り抜きしにくい写真なのかによっても最適な切り抜き方法は変わってきますどの方法が良いというわけではなくどんな画像をどの様に切り抜き使用したいかによって切り抜く方法を選択するのがベストですどの方法でも画像を切り抜くことができるようしっかりと切り抜き方法を勉強しておきましょう以上画像の切り抜き使用について学びました

InDesign 基本講座

このコースではInDesignの基本的な操作から実践的な操作まで豊富なInDesignの機能をひと通り理解するとともに、仕事で役立つより実践的な使い方も併せて解説します。マスターページやテキストフレームなどInDesignを扱ううえでのベースとなる考え方も丁寧に解説しています。

6時間49分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
InDesign InDesign CC
価格: 3,990
発売日:2014年10月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。