Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

修復の計画を立てる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
実際の作業に入る前に、どのように進めて行くかの計画を考えます。
講師:
02:25

字幕

このビデオでは写真の修復を行うときの 計画の立て方について解説します 修復の作業をすすめる場合 いきあたりばったりに じゃあこれ直そうかな これ直そうかな などとやっていくのではなくて まず一番最初の段階で よく写真を観察して じゃあこれとこれ これをやろうと 計画を立てるのが結構大事です それによって例えば作業の順番が 変わってきたりもするので まず最初に計画を立てておく それをちょっと 心がけていただきたいと思います では例として今出ているこの写真ですね ちょっと見てみましょう まず大きな点として この枠がついていますよね 額か何かに入っていたのでしょうけれど これからいろんな写真の素材とかを 資料として使う場合には この枠がちょっと邪魔なので これを切ってしまおうという訳ですね その他 見ていくと この背景の所にちょっとぼつぼつと 汚れやごみのようなものがあるので これを取り除く そして全体を見てみると この下3分の1ぐらいのところが ちょっと薄くかすれてしまっているので ここをちょっと直してあげると そして例えば服の中でも腕の部分ですね ここだけ変色してしまっているので こちらの服の色と揃えたり ドラムなんかも所々 元からあったものではない写真の上での シミのようなものがあるので これを取り除いてあげると そういったところを見ていきます 例えばこの写真であれば 人物とドラムを残すのが最優先なので 最初にこの要らない外枠を削っておいて 無駄な範囲まで作業が及ばないように やっていくなんていうのは良いですね 例えば最初の段階 第一段階としては― こんな形で主要な要素をきちんと残す形に 切り抜きを行うとかですね 例えばこんなふうにしておけば 無駄な部分を避けて 主要な部分だけで修正が行えると こんなふうに計画を行った上で 効率良くすすめていくのが ポイントとなってきます

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。