Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

「乗算」による濃度の調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーの合成モード「乗算」で、画像の濃度を調整します。
講師:
02:58

字幕

このビデオでは レイヤーの乗算を使って 画像の濃度を調整する方法を ご紹介します こうした古い写真にありがちなのが 今ここに出ているもののように かなり経年劣化で薄くなってしまって 全体的に濃度が足りないという現象が 起きることがよくあります こうしたものの調整方法ですが 一つすごく簡単な方法があるので それをぜひ覚えて頂きたいと思います それではまず 基本となる画像があります では「レイヤー」のパネルを見ると 今一枚だけなので「背景」という レイヤーになっていますね では背景のレイヤーを右クリックして 「レイヤーを複製...」 これを実行します そうすると全く同じレイヤーが コピーされて上に載ってきます この状態では何も起きません それではこの状態でここの 「通常」という所をクリックすると レイヤーの合成モード― 様々な重ねたものを演算した結果によって 表示が異なってくるという モードの選択があります この中で「乗算」というのがあるので これを実行してみます すると― はい いかがでしょうか オン/オフしてみると だいぶ変わりますね この「乗算」ですが 元の画像の白いところには影響せずに どんどん... 暗い部分ですね 暗い部分同士が重なると さらにそこが暗くなるというモードなので 同じ画像を二つ重ねてあげて 乗算してあげると 薄かったものが濃くなります 例えばこれを さらにもう一つコピーしてあげると さらに濃くすることもできます 今これ同じく コピーしたものはもう 乗算のものをコピーすると 乗算になっていますね このようにどんどん 濃くしていくこともできますし さすがにこれでは濃すぎるかな という場合には この「不透明度」 この部分で スライダーを動かしてあげると― 乗算で重なっているレイヤーが どんどん薄くなっていけば 不透明度を下げていって どんどん透明になっていけば 効果が弱まっていくので これで効果を微調整することができます ちょうどいいかなという所で止めると― 全体が薄くなってしまっていた写真の濃さを 適切に直すことができます これ白黒でやっていますが カラー写真にも使えるので ぜひ全体がちょっともう 薄くなってしまったというものに対して 試して頂きたいなと思います

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。