Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

「スクリーン」で明るさを調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーの合成モード「スクリーン」で、画像の明るさを調整します。
講師:
01:48

字幕

このビデオでは レイヤーの「スクリーン」による 明るさの調整について解説します 今 こちらに出ているような画像ですけれど 室内で撮っているので 全体的にちょっと暗めで ディテールの部分が 暗くつぶれてしまっています こういう所をこうした色調補正とかで 直しても良いのですが これも簡単に直す方法があります それではこうした画像を まずレイヤーを右クリックして 「レイヤーを複製...」 これを行います そうするとまったく同じ画像が レイヤーとして できますね そうしたらこの新しくできたレイヤーを この合成モードですね 「スクリーン」を選択します すると このような形になります スクリーンは二枚の画像を比較して より明るい部分を足していって より明るくしていくという 仕組みになっているので このように暗くつぶれていたような所も わずかな残っているディテールが 重なることによって より明るさが増してこのように 明るくなっていくという こういった使い方ができます これをさらにもう一つ 複製してあげれば さらに明るくしていくことができますし これで不透明度を変えてあげると 細かいところが調整できます このようなレイヤーを複数重ねて 複製して重ねて 合成モードで明るさを 調整していく方法ですね 大変便利に使うことができます

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。