Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

レベル補正の扱い方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「レベル補正」による、明るさとコントラストの調整方法について解説します。
講師:
05:41

字幕

このビデオでは レベル補正の使い方について解説します 画像の明るさやコントラストを より細かく調整するには レベル補正という機能を使うと便利です 早速使ってみようと思います では「色調補正」の中で これですね 「レベル補正」 これを実行します そうするとこんな感じの 表示が出て来て この部分に こんなグラフが表示されます ここ(上)にも同じものが 出てますけれども これは「ヒストグラム」というもので 画像の中の明るさ/暗さの状態を 表しているグラフです 具体的にどういうことかというと まずこれの一番左の突き当たり部分 これが真っ黒です 画像の中の完全な黒 ブラックの部分です そして一番右の部分 これが真っ白ですね 端が黒と白になっています そして途中のこの折れ線グラフ のようなものですが これは今この画像の中にいろんな部分があり 成分があります 明るい所 暗い所 たくさん成分があるわけですが それが暗い所から明るい所にかけて どの辺にどの位の量があるか というグラフになっています ちょっと小さいのですが この端の所を見てみると 真っ白の所にも何もないですし 真っ黒の所にも何もないような表示です つまりこの画像の中には完全な真っ黒と 真っ白はないという状態になっています それぞれの暗さ明るさの部分が これ位量があるよということで 一番多い辺りこれが割とグレーの のっぺりした空の辺りですね 真っ白まではいかないけれど かなり明るめで ちょっとだけ暗い方に行っている グレーの部分成分が一番多いので この部分 グラフ上にも 画像上にも出ているということですね ここの「レベル補正」のこの部分ですが この黒と白の所 これを動かすことができます 例えば真っ白の所を 動かしてみると 例えばこの一番多い部分の辺りに 真っ白のスライドを持ってきてみると この画像が変わってきますね さっきグレーで多少 階調があった部分が かなり真っ白になってしまっていますが この白のポイントを動かすことで ここより上の部分が真っ白として 扱われるという意味になります なのでどんどん動かしていくと どんどん白い所が増えていって 飛んでしまいますね 逆に黒の方を動かすと もうこれ以下のところは 真っ黒として扱われるということで こんな感じになりますね こういったやり方で 明るさと暗さの バランスを変えることができます この実際の画像を見ながら 調整してもいいですし 実際これが真っ白になったり 真っ黒になったりすると もうグラデーションが完全になくなって 黒つぶれ白飛びしてしまいますので それがどれ位でているのか 判断しながらやるには Mac の方は Option キー Windows の方は Alt キーを押しながら これを動かしてあげると まず Option か Alt を押した段階で これをドラッグしてあげると 黒を動かすとまず真っ白になります これを動かしていくと 黒い部分が出てきますが これは真っ黒につぶれた部分です 真っ黒につぶれた部分だけが出ています この位置だとこれ位の部分が 真っ黒につぶれるよという意味ですね 反対にこの頭の所 白い所を動かしてみると 今度は真っ黒になって 逆に真っ白に飛んでしまった部分だけが このように出てきます なかなかモニターの調整具合なんかで 分からなかったりするので こうした所でどの位完全に 白く飛んでしまっているのか 黒くつぶれてしまっているのかを 判断しても結構です もう一つある真ん中のものですが これは一番明るい所から 一番暗い所の中間点ですね ちょうど中間のグレーが どの位置になるかという位置を示しています なのでこれを動かしてあげると まず右の方にもっていくと 黒い部分の割合が増えるので こんな感じで黒い部分の多い画像ー 左に持っていくと 白い部分の範囲が広がるので 白い部分が多い画像 と こういう感じになります こう調整してあげると 割と簡単にコントラストを付けられますね なのでまずこの部分で 基本的なバランスを整えた上で もう少し 一番明るくなるであろう部分― 例えば雲の一番明るい部分を 真っ白にしたいという場合には これが― この辺りですね この辺りを Option か Alt を 押しながらやると ちょっとだけ一番明るい部分だけが 真っ白になるような形に持ってくるとか 逆に黒い方も一番暗い辺りが 黒くなるような形に持ってくるとか こんな形でバランスを調整してあげると かなり作業を行いやすい上に いい結果を得ることができます

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。