Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

特定色の彩度を調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の中で、特に鮮やかすぎる特定の色の彩度を抑える方法を解説します。
講師:
03:40

字幕

このビデオでは 鮮やか過ぎる特定の色を抑える 手順を解説します 今画面の方にはリコーダーを吹いている 男の子の写真が出ていますが この写真をざっと見てみると 例えばこのズボンとか靴下の部分とか 青の色がちょっと強過ぎる感じがします この芝生の緑とかシャツの黄色とかに比べて 青だけちょっと出過ぎて べたっとした印象がある感じですね なのでこの青の鮮やかさをちょっと抑えて もっとバランスのいい感じに 変えてみようと思います それで使うのがこれですね 「色相・彩度」 これを使います 「色相・彩度」の中の「彩度」ですね 鮮やかさの度合いです これはどんどん強くしてあげると 色が強くなって これだと全体がべたっとなってしまいますね 逆に弱くしていくと どんどん鮮やかさが減って白黒になると こういうものなのですが 全体でやるとこう もちろん 全体が変わってしまいます なので今回は「マスター」となっている部分 ここをクリックすると こんな感じに レッド系 イエロー系 グリーン系と 特定の色の系統を選ぶことができます マスターというのは全部一遍にですね では今ちょっと強すぎるブルーですね ブルー系を選んでみましょう この状態でこの「彩度」を動かしてみると はいどうでしょう この部分を見ていてくださいね こんな感じで 他の黄色とか緑は変わらないのに 青系だけが変わっています こういった所も 青が強すぎて ラインが見え難かったのが 靴下のラインも見えやすくなってきました こんなふうに特定の色の範囲だけを 調整することができます 範囲ですが 今 ブルー系と おおまかに選んだだけですが ここの部分を見てもらうと この範囲指定があります 今調整しているのは この色の範囲内で指定された部分なので これを調整してあげると もう少し広い範囲に適用することができます 今もっと濃いブルーの所だけが 選択されていたので もう少し広げてあげると 今ズボンとかみてもらうと だいぶバランスがいいですよね こんな形で色を変えたい範囲が バランス良く掛かるようにします 元の画と比べると だいぶ自然ですよね ここだけ べとっとしていたのが これぐらいにしてあげた方が 全体のバランスが取れてきます さらに彩度を調整するとこんな感じですし この「色相」という所を動かすと この色のバランスも変わってくるので 極端にやると 全然違う色のズボンに してしまう というようなこともできますが これも適度に調整して このくすみ具合とかと 合ったような感じにすると だいぶ自然になったのではないかと思います こんなふうにちょっとバランスの悪い 特定の範囲の色だけを調整することで 全体の雰囲気がだいぶ良くなりました

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。