Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

特定の色を除去してモノクロにする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
セピアがかってしまった白黒写真を、適切な形のモノトーンに修正します。
講師:
03:00

字幕

このビデオでは 色の付いてしまったモノトーンの写真を 綺麗な形で白黒に変換する 手順をご紹介します 古い写真ですね 元は白黒なんですけど 経年変化によってこういったセピア色に 茶色く変色してしまうことがあります これを綺麗な形で 白黒に戻したいと思ったとき この色を抜きたいと思ったときですが 例えば― 「色調補正」>「彩度を下げる」 とすると 色が無くなって 白と黒だけの画像になりますが ちょっと試してみると 単に色を破棄しただけでは 何か全体的に 色が被っていた所も暗くなってしまって しゃっきりとしない画像になってしまいます では戻してみましょう こうした全体に特定の色が付いてしまった モノトーンの写真を適切に直す場合には これを使ってください 「白黒」というのがあるので これを実行します そうすると白黒になりますが この状態はさっきと同じですね 全体が暗くなってしまっていますが 下を見ると レッド系 イエロー系 グリーン系と 様々な色のスライダーがあります これですが色をただ単に抜くだけではなく それぞれのオリジナルが持っていた 色の範囲に従って そこの部分の明るさを 個別に調整できるというスライダーですね では試しに 色々なものがありますが 例えばブルー系を動かしてみると 何も変わらないですね これは元の画像に 全然ブルーの所が無いからです 元々無い所は動かしても このように影響がないですが 例えばイエロー系 これを動かしてみると はっきり変わりますね 元がこんな色なので本来白くなるべき所が 黄色っぽく着色されてしまっているので そこの部分を明るくしてあげると こんな感じで落ち込まずに そこが明るく出てきます また近い所でレッド系とか この辺りも上げてあげると だいぶ本来白くなるべき背景の所も白くなって 人物と馬だけ出てきましたね こんな形で色が付いてしまった モノトーンの写真をしゃっきりと 元々白かった所を白に戻すときには この「白黒」の調整を使って 被ってしまっている― 今回はセピアなので黄色と赤が中心ですね そこを明るくしてあげるというふうに調整すると 適切な形で 綺麗な白黒に変換することができます

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。