Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

色かぶりの除去

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
強く被ってしまっている色を和らげ、バランスを良くします。
講師:
03:11

字幕

このビデオでは写真から 色かぶりを取り除く方法を解説します ここに赤ちゃんの写真がでてますけど 全体にちょっとマゼンダというか ピンクというか そんな色傾向がかぶっていますね カラー写真 だいぶ古い時代のカラー写真というのは まだあまり印画紙などの性質が 安定してなかったので こうした赤っぽくなってしまうという 色かぶりをおこしてしまいます これを取り除く方法を解説したいと思います ではまず このレイヤーですね これを右クリックして 「レイヤーを複製」します 元の写真と 全く同じものを レイヤーとして作ります そしたら ここからちょっと 変わっているのですけど 「フィルター」のメニュー この中の 「ぼかし」という所があるので 「ぼかし」の中の 「平均」というのを実行します するとぱっと こんな単色のべた塗りに変わります これなんですけど 平均は大体この写真全体の色を見て その一番平均となる 色を割り出してくれるというわけですね この写真の色傾向が 一番よくでている色というわけですね そしたらこのレイヤーを 「イメージ」の「色調補正」から 「階調の反転」 これを実行します そうすると今 全く対極の色の このちょっとブルーとグリーンの 中間のような色になりましたね これを作ります この色を元の写真にかけ合わせることで この色かぶりを打ち消すという ことをやるわけですね そしたら この べた塗りのレイヤー これの合成モードを 「カラー」というのに変更します すると これを行っただけでは もうこっちの色に支配されてしまって こういう単色になってしまいますね そしたら この状態で この上のレイヤーを 「不透明度」 これをどんどん下げていくと こんな感じでどんどん 色が復活して来ます なくしてしまうと この色かぶりがでているのですけど ちょっとずつちょっとずつ上げていくと 色かぶりの部分だけが打ち消されて行って このようにかぶっている部分 とることが出来ましたね 反対の傾向の色をぶつけることで 不要な色かぶりを除去した というのがこの状態ですね あとはこの状態から発展していって 例えば ちょっと色が淡くなってしまっているので 例えば「自然な彩度」なんてのを かけてあげると 色がちょっと濃くなって より瑞々しい形で 写真が蘇ってくると こんな修正を行うことができます

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。