Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

細かいキズやほこりを除去する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真内の、細かなキズやほこりを取り除きます。
講師:
04:50

字幕

このビデオでは写真の上の細かい傷やほこりを 一遍に取り除く方法をご紹介します 今写真が一枚開かれていますが ズームしてみると かなり傷ですとかほこりが びっしりと入っています これを一個一個やっているとかなり大変なので まとめてある程度を一括で取り除く という処理をやってみようと思います ではまず最初に 今一枚だけの レイヤーになっていますが これを複製します 右クリックして 「レイヤーを複製」を実行します そしてこのコピーした方のレイヤー対して 傷やほこりを取り除く作業を行います 理由は後で分かってきます ではこのレイヤーに対して フィルターのメニューから 「ノイズ」の項目の 「ダスト & スクラッチ」 これを実行します そうするとある程度一気に傷や ほこりが無くなったと思うのですが この「ダスト & スクラッチ」は ほこりや傷のようなものを ある程度自動で取ってくれるという とても便利なフィルターです 操作方法としては まずこの「半径」ですね これを大きくしすぎるとボケてしまうのですが 傷やほこりを検知する半径に決めて この「しきい値」ですが どれくらいのレベルから 傷やほこりと判断するか というものを設定すると この服のところなんか丁度いいですね 一遍に細かいところの傷やほこりを 取り除いてくれます ただ弊害として顔の部分を見てもらうと 分かると思うのですが 元々残しておきたいディテールも やっぱり無くなってしまうので このままではちょっとまずいかな というところです ちょっとご覧いただきたいのですが 今回は服に合わせて処理をしたので 服は相当いい感じですね 質感もあまり変わらず 傷やほこりだけが消えています 顔の方ですが元々何も処理していない段階でも 顔の方はそれほど気にならない感じですね なので今回は服の方だけ ノイズ処理された状態にして 顔を残すという処理をやってみようと思います ではまずこの全体を一括で 一回 OK しておきます そしたらこのレイヤーに対して ここをクリックして 「レイヤーマスク」を追加しておきます そしたらこのレイヤーマスクの 所をクリックして そしてブラシを持ちます 描画色を黒にして このレイヤーマスクに対して ディテールを出したい場所 ダスト & スクラッチが 掛かっていない状態にしたい部分 顔などをなぞっていきます すると 目のディテールが出てきましたね これがどういう状態か というと 下のレイヤーを見えなくすると分かるのですが ここが消えています レイヤーマスクの上を黒で塗ると その部分が透明になるので 塗った部分だけ下の何もしていない オリジナルの方が出てくる という仕組みになっています これで服以外の顔の部分を 塗ればディテール得ることができます ちょっとやってみましょう 髭なんかもディテールが戻ってきました そして髪の毛にも処理をして これで表情がはっきりしました あと服の肩の紋章も ぼやけているのでこういう所も塗ると ちゃんとクッキリします いかがでしょうか 元は特に服の部分に傷が目立っていたのが かなり気にならないレベルに直ったと思います このように処理を行ったうえで 良いとこどりにするために マスクを使って部分的に 下の画がでてくるようにする この方法を取ると良いとこどりで 最適な結果を得ることができます

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。