Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

スポット修復ブラシで不用なものを消す

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真上の不用なものを「スポット修復ブラシ」を使って消去します。
講師:
03:00

字幕

このビデオでは画面の上から 特定のものを消す手法をご紹介します 写真を扱っているとあまり 写ってほしくないものが 画面上にあるという場合もあります 例えばこの辺をズームしてみると なにやら道に色々落ちていますが 馬車が行き交っている道ですので 馬の落し物が移ってしまっています こういうものを消したいときに 便利な機能を使ってみましょう ではまずレイヤーを一枚作ります ここをクリックしてレイヤーを作ります そしたらツールの 「スポット修復ブラシ」を選びます そして上のオプションから 「コンテンツに応じる」 これが大事です ここを必ず選んでおきます そうするとこんな感じで ブラシとして使えるので では試しにこの落し物その1を 軽く囲んで塗ります そして離すと あっという間に 消えてしまいました 「スポット修復ブラシツール」を 「コンテンツに応じる」という設定で使うと ブラシで塗ったところが 周りの素材から判断して 自動的に埋め合わせを行ってくれる という大変便利なツールです しかも今これをレイヤーに対してかけています 「全レイヤーを対象」という チェックが入った状態で この空のレイヤーに対して スポット修復を使うと これを一回オフにしてみると もう一回出てきてしまいます この下の画像の内容を消す処理を こっちのレイヤーに対して適応できるので もとの画像を破壊せずに いつでもオンオフできる といった使い方ができます ではこの状態で落ちているものを このように処理していきます こちらも線のところは ちょっとずれてしまう可能性があるので 線のところをなるべく踏まないように このような形で処理していきます さあこれでズームアウトしてみると 道が非常に綺麗になりましたね さらにこの状態でもこのレイヤーの 目玉をクリックしてオフにすると ちゃんと元の状態が残っています このように元の素材を破壊せずに 不要なものを見えなくする という非常に便利な手法なので ぜひとも覚えておいてください

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。