Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

複数レイヤーを1つにまとめる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数のレイヤーで成立している画像を一つのレイヤーにまとめ、そこに対してさらなる作業を行います。
講師:
02:57

字幕

このビデオでは複数のレイヤーを 一つにまとめて そこにさらに作業を行う 手順をご紹介します こういった写真がありますが これは実は様々なレイヤーを使って 作業をした結果です これを消していくと 元々はこんなセピアがかかった 写真でしたけど こうやって複数のレイヤーで 様々な処理を行って このモノクロの写真に直してある状態です 例えばこれらのトーンの調整を 行ったうえで 全体をシャープにしたいとか そんな処理を行う時には バラバラの状態だと掛けることができないので これを踏まえた上での一枚のレイヤーに しておく必要があります そういった時はまず現在 この表示を作っている 一番上のレイヤーを選びます Mac の方はCommand Windows の方は Ctrl Command または Ctrl と Mac の方は option キー Windows の方は Alt キー そして Shift キー 少し整理します Mac の方は Command+Option+Shift Windows の方は Ctrl+Alt+Shift その三つを押しながら キーボードの E を押します すると新しくレイヤーができました なにも変わってないので 分かりづらいですが この一枚のレイヤーは下にある 全部の結果を踏まえた上で 一枚の画としてまとめられたレイヤーです ここに対して例えばフィルターの 「シャープ」「アンシャープマスク」を 掛けてみると 全体に対してシャープの処理を 掛けることが可能になります 下のレイヤーを残しておく利点としては 例えば上のレイヤーにまとめた後に ここの部分を見て こうした大きな 欠落が残っていた場合など その時に 全部のレイヤーを捨ててしまうと 後戻りはできませんが まだ全部残っているので 一旦これを破棄して また改めてオリジナルの素材で 作業を行ったうえで また同じように まとめたレイヤーを作って 作業を続行することができると 後に戻ることができるという 利点があります 前のレイヤーもなるべく 捨ててしまわずに残しておくと 後からも作業のやり直しが 効くということになります

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。