Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

マスターファイルを保存する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤー構造を全て残した、マスター用のファイル保存について解説します。
講師:
03:36

字幕

このビデオでは マスターファイルの 保存について解説します Photoshop で作業を行って レイヤーごとに分けて 様々な処理が行われている状態― このレイヤーが残っていれば 例えば一回保存して Photoshop を終了して また立ちあげた後でも レイヤーさえ残っていれば また同じように個々の要素を それぞれ細かく編集することが可能です なので Photoshop で編集した画像は できる限りマスターを― もうレイヤーが全部残った状態の マスターファイルを 残しておくというのが大事になります ファイルを保存するときなんですが 実はレイヤーの状態を保てる ファイル形式というのは そんなに多くはありません ではちょっと見てみましょう 「ファイル」>「別名で保存...」 というところを開けてみると この「フォーマット」というところですね 様々な保存フォーマットを選べるのですが まず Photoshop で作業している状態を 一番理想的に残すのであれば この Photoshop 形式 これが一番向いています 拡張子 .psd となりますね なので原則として Photoshop で作業を行ったものを マスターとして残して また同じように作業できるようにするときには この Photoshop 形式で 保存しておいてください そうすれば画像クオリティも劣化することなく レイヤーの状態も保たれて 一番理想的な形で残すことができます ただ Photoshop 形式は 画像の中身が圧縮されない― もうそのままの状態で入りますので 結構ファイルサイズが大きくなります なのでどうしても ファイルサイズをちょっと抑えたいときは もう一つの選択肢として― TIFF (ティフ)形式ですね これで保存するという選択肢もあります これもレイヤーというところに チェックが入っていれば このレイヤーの構造を保ったまま 保存ができます そしてこのカラープロファイルの 埋め込みというものですね このカラー調整するための基準となる カラープロファイルというものを 埋め込むという これにチェックを入れておきます TIFF 形式で保存を行うとき ファイル名を定めて「保存」とすると こういったオプションが表示されます そこでこの「画像圧縮」というところを 「なし」にすると Photoshop 形式同様 大きくなってしまうんですが LZW という これを選んでおけば 画像自体を劣化させることなく ある程度ファイル容量を抑えて 保存することができます ZIP というのもありますが ネット上でファイルを送るときなんかに ZIP = 圧縮する というのをやりますね それと同じような形で 画像を破壊せずにファイル容量を 多少 抑えるというのがこれですね こちらにも「レイヤーの圧縮」 というのがありますけれども これも RLE という 高速保存 ファイルサイズ大とありますが これも ZIP 形式を選ぶと ファイル形式はもう少し小さくなるんですが 開いたものがもう少し遅くなります なのでお好みに応じて ZIP にして ファイル容量をできるだけ小さくするか もしくはスピードを優先するかと 選んだ上で OK とすれば ある程度 画像のファイル容量を抑えた上で マスターを保存することも可能です これは適宜 選択してください

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。