Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

オンライン用のバージョンを作る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
WebサイトやSNSに掲載するための、オンラインバージョンの作成について解説します。
講師:
05:19

字幕

このビデオでは オンライン用に 画像を保存する手順をご紹介します このように Photoshop を使って 多数のレイヤーなどを使って 調整した画像ですね 実はこのままでは ウェブページとか SNS など オンラインに載せるのには向いていません Photoshop 形式のファイルなど 表示するのに対応していなかったりとか ファイル容量が大き過ぎて ダウンロードに時間がかかってしまうとか そんなこともあるので これをオンラインで表示するためには 最適な形に変換してあげる必要があります ではそれを実際にやってみようと思います 今回 結構画像のサイズを変えたりとか もし加工した状態で上書きしてしまうと こういった情報が 消えてしまうという場合があるので 予め「イメージ」メニューの 「複製...」を実行しておいて そうすると新しいタブに 全く同じ内容が出てきますので 複製した方で加工を行って保存してみましょう そうすると上書きで消してしまうのを 防ぐことができます ではまず画像の大きさから見ていきましょう 「イメージ」>「画像解像度...」 を実行します そうしたら一番上の所を見ると 今「寸法」が 1500 x 894 ピクセル (px)となっています これが今この画像を構成している ピクセルの数ですね これではネット掲載には大き過ぎるので 適当な数字に変えていきます そのときこの「解像度」という数値― これはスキャナーから読んだりすると もしかしたらこれが違う数字に なっていることがあるかもしれないですが これは必ず 72 としておきます オンライン上のように画面上でみる画像は 解像度が 72 と決まりごとがありますので 72 にしておきます そうしたら幅ですね 今 1500 px あるので これを 800 px ぐらいに しようと思います こういったときに この鎖のマークがオンになっていれば 800 と入れるとちゃんとそれに合わせて 高さも自動調整してくれます もし単位が違う表示になっていたら この選択肢から変えてください そして OK をすると― ぱっとサイズが変更されて これでリサイズが完了しました では次に 「編集」>「プロファイルの変換」 を選んでみてください これを見たとき 「変換後のカラースペース」 というのがありますが これはカラープロファイルという 色の互換性を保つ為の情報を 画像は持っているんですが これを― SRGB というこれですね ここにもありますが これを SRGB というものに設定してください これにしておけば ネット上に持っていったときに 今こちらで見ている色と ほぼ同じような形で表示できるので カラープロファイルを SRGB に指定して これで OK をします そうしたら設定が終わったので 保存を行います 「ファイル」>「保存」 とします インターネット上で表示する写真 のような画像は 大部分が JPEG という形式で 保存されます なので JPEG 形式にして カラープロファイルを埋め込み チェックした上で 「保存」とします すると 「JPEG オプション」 というのが出て来ます JPEG というのは画像を圧縮して ファイル容量を小さくするんですが ファイル容量を小さくすると 画質が荒れてきます 今ここに 475.4 と出ていますが これが保存後のファイル容量です 今画質が「最高」になっていますけれども この画質だと 475.4K(キロバイト)に なるという計算になっています では試しにこれを一番こちらに持って来ると ファイルはもう一気に 53.2K と かなり小さくなりましたけれども 何かぎざぎざが出てしまいましたね 画の方が荒れてしまって 画質が落ちました なのでこのスライダーを調整して 画質とファイル容量が 一番バランスが良いところを探します 例えば 8 ぐらいにしてあげると ファイル容量はそこそこ減りましたし 画質もそれほど荒れていないですね これがもう少し下がっていくと 少し画が荒れてくるので もう少し高いところでしょうかね ちょうど真ん中あたり 7 ぐらいまでくると ファイル容量も 96.9K になりました 画質もまあまあこれならいいかな というレベルなので これで保存という形に持っていくと 新しいオンライン用のファイルが出来てきます ウェブページとか SNS に投稿する といった機会はかなり多いと思いますが こうした手順でウェブに最適な形に 直してあげてください

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。