Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

印刷用のバージョンを作る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
印刷物に使用するためのバージョン作成について解説します。
講師:
04:44

字幕

このビデオでは印刷用に画像を保存する 手順をご紹介します 印刷は Photoshop 上であるとかウェブとか 画面上で写真を見るのと 印刷するのではちょっと決まりごとが 違ってくることがあるので その辺りを覚えていただきたいなと思います では一番重要な所にいきます イメージのメニューの「画像解像度」 という所を開けてください この画像のピクセル数は横が 2582 縦が 2072 ピクセルでできています 重要なのは解像度です 今「600 pixel/inch」 と なっていますが これがどんな意味かというと このピクセルが 600 個集まると per/inch なので 1 inch になるよ という数字です 例えばこの表示を inch に変えてみると だいたい横が 4.3 inch ですね 縦が 3.41 ぐらいになるということです 一般的に印刷屋さんに出すときには この数字が 300 から 350 くらいで やることが多いです その時どれくらいの大きさで印刷できるか 確かめる方法ですが まずこの「再サンプル」というのを 外しておきます これを外しておかないと この画像のピクセル数自体を Photo が変えてしまうので 一回これを外しておきます そしたら解像度を 300 にしてみましょう inch だと少し分かりづらいので mm にしてみましょう そうするとこの画像ですね 2582px × 2072px の画像は 300 dpi で印刷した時には 幅が「218 mm」 高さが「175 mm」 で印刷できますよという数字になります B5 の紙を横にしたものに印刷できる くらいでしょうか 最終的なサイズ 出力サイズに合わせる場合は この数字より下になる分には問題ないですが これより大きくしたい時には原則として ピクセルの数が足りなくなってしまうので 印刷できないですね 画が荒れてしまうということになります 多少であれば ちょっと増やしてあげても それほど画質劣化が目立つこともないので これが原則であるということを 覚えておいてください それでは改めて「再サンプル」に チェックを入れたうえで 今回 幅をちょうど 200 mm で 印刷するように合わせてみましょう 200 と入れると 自動的に高さも 調整されて 160.5 mm になります これでピクセルが少し間引かれるくらい なので問題はありません これは 200 × 160 のサイズで 印刷されるように設定します サイズの調整が済んだら 今こんな見た目ですけど 印刷物に使う場合には多少シャープさを 際立たせておいたほうがベターなので フィルターのメニューから「シャープ」の 「スマートシャープ」を使って 「量」を多めにします 適応結果はこれくらいですかね ある程度シャープさを強調しておいた上で 持って行ったほうが印刷物として 良い結果になります それでは他のレイアウトソフトなどで 読み込めるように保存しておきましょう 「別名で保存」とする時ですけど こういう場合ですが 形式はなるべく劣化がないように 「TIF」などの形式で保存してください JPEG も使う場合には圧縮を あまりかけずに 最高画質で使ったほうがベターです これを保存する時なんですが 今大きさを調整してあるので 例えばこのファイル名のほかに さっき 200 × 160 mm に調整したので 「200x160」という風に人間が見て 分かるように ファイル名に細部表記などを入れておくと 混乱せずに便利に扱うことができます 印刷用にこのようなことを 押さえておいてください

Photoshopで覚えよう!写真修復のイロハ

このコースでは、Photoshopで写真のダメージを修復するさまざまな手法を紹介します。キズやホコリが付いた場所を修復する方法、不鮮明になった写真をクリアにする方法、色を最適なものに調整する方法、またWeb向けや印刷などさまざまな用途への書き出しや、撮った写真の情報をメタデータとして記録する方法などについて解説します。

2時間22分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 2,990
発売日:2014年07月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。