大空へ!Photoshopで作る飛行イメージ

正しいパス

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パスを微調整した後、マスクを作成して切り抜きます。
講師:
03:19

字幕

このビデオではパスの微調整と交差する部分の処理についてお話しします。くるりとパスを切った後なんですけどここちょっと見てください。ちょっと薄いですけど、よーく見るとちょっとパスがずれちゃってます。後でこういうのが見つかった時には微調整して直すことができます。ではツールからここの部分を長押しすると下に白い矢印のパス選択ツールというのがあります。これを選択します。白い矢印で1度何もないとこクリックして、全体の選択外しておいてそしてこのパスのずれてるとここれクリックするとこのようにパスの頂点を個別に選ぶことができます。そしたらここをドラッグしてあげるとこんな形で直すことができます。これハンドルも動くのでハンドルを動かしてより正確な形に沿わせるということもできます。こうすると全体パスの形をより正確にすることができます。これなんですけど、もう一個こういった部分ですね。今この外側ずっとパスになってるんですけどここも切り抜かなきゃなんないですね。こういった場合にはまたペンツールを選んでそしてシェープが重なる領域を中マドっていうのがありますので選択していきます。そしたらこのマドにしたい部分ですね。ここもパスを作ってあげます。 こっちにもう一か所ありますね。これで全体を囲むことができましたね。そしたらこの飛行機ちょっと切り抜いてみたいと思います。まずこのタブですね。ここをパスというところに合わせます。すると作業用パスっていうのがあります。今作った形がぼんやりとでてると思いますが、作業用パスこれを選択します。そして一番下の並んでいるアイコンのうちの左から三番目ちょっと見にくいと思いますけど、点々になってるやつですね。これをクリックするとこんな感じに選択範囲になります。そしたらタブをレイヤーに切り替えてレイヤーマスクを追加をクリックするとぱっと切り抜きが行われます。これでマスクで処理してるので後から直すこともできますね。隠れてるだけの状態ですね。こんなふうにしてパスを使って囲んで上げた後選択範囲にしてマスクを作るという手順で簡単にこのように綺麗な切り抜きを行うことができます。

大空へ!Photoshopで作る飛行イメージ

このコースでは数枚の写真を素材にして、まるでプラモデルの箱に描かれているような迫力満点の戦闘機のイメージをPhotoshopを使って作成します。素材となる写真の切り抜き、モーションブラーを追加しての動きの表現、効果的な光の書き込み、複数の写真を使った大空の作成など、このコースを通してさまざまなテクニックを身につけることができます。

1時間58分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。