大空へ!Photoshopで作る飛行イメージ

カラーバランスを調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
各レイヤーをグループ化し、飛行機の部分にのみカラーバランスの調整を適用します。
講師:
04:23

字幕

このビデオでは飛行機のを行います。今は背景のこの青っぽい感じに対して飛行機がちょっと明るすぎるのでちょっと色調整したいと思います。ただこっち、背景の色が変えたくないのでさきに今このレイヤーをそれぞれグループ分けしておこうと思います。まず最初なんですけど、この背景が今ロックされているのでこの鍵のアイコンをドラッグのドロップでゴミ箱に捨ててしまいます。そうすると独立したレイヤーになりますね。そしたらこの背景のレイヤーとこの光を描いてるレイヤーですね。この二個が背景グループになるのでシフトキーを押しながら、こっちのもう一個もクリックすると両方選びます。はい、ではこっちのメニューからレイヤーからの新規グループとこれを実行するとこのようになるので背景といれておきましょうかね。OK します。すると、背景のグループができました。次に飛行機本体ですね。本体とマスク、この補修した部分、翼の所。こうしたところの二つのレイヤーを選ぶのでまず1個をクリックしてもう1個シフトを押しながらクリックすると選べますので、そしたらまたレイヤーからの新規グループとでは飛行機と入れておきましょう。2個できました。残りプロペラですね。 プロペラ関連の部品ですのでまた1個クリックして、また Shift を押しながら端っこクリックして全部選んだらレイヤーからの新規グループこれはプロペラとこれでプロぺラ関係と飛行機と背景を三つに分けることができました。そしたら飛行機のレイヤーの上に調整レイヤーを追加します。ではカラーバランスをクリックします。これでカラーバランスのコントロールが付きましたね。そしたらちょっと見ずらいので拡大して飛行機がよく見えるとこに持っていきましょうね。シャドウ中間調をハイライトとありますのでまず、シャドウからいきましょうかね。今回はそれぞれ青を強調したいのでまずシャドウの所ブルーを強調するとこんな感じになるんですがこのままだと背景も一緒に変わってしまいます。なのでこれですね、下のレイヤーにだけ適用されるようにこれをクリックすると背景には適用されず飛行機だけに適用されるようになりました。ただこの値を 18 にしてみましょうかね。次に中間調に行って、これでもうブルーを強調します。ではここは 12 にしましょう。明るいとこハイライトに行きますね。これも 12 までいって、その結果このようなかなり重厚感が出てきました。 今の状態だと飛行機本体にしかかかってないのでプロペラかかってないですね。なのでこの調整レイヤーはOption キーを押しながこう上にドラッグします。1番上の所ですね。挿入されるようなところに放してあげるとコピーされるんですけどまた全部にかかってしまってるんですけどこれダブルクリックして同じく下のレイヤーだけに適用とこれでプロペラだけに適用されました。これで背景には影響を与えず飛行機にだけですね。重厚感のある色に調整することができました。

大空へ!Photoshopで作る飛行イメージ

このコースでは数枚の写真を素材にして、まるでプラモデルの箱に描かれているような迫力満点の戦闘機のイメージをPhotoshopを使って作成します。素材となる写真の切り抜き、モーションブラーを追加しての動きの表現、効果的な光の書き込み、複数の写真を使った大空の作成など、このコースを通してさまざまなテクニックを身につけることができます。

1時間58分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。