大空へ!Photoshopで作る飛行イメージ

煙・飛行機雲を描画する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
後方の飛行機が通った軌跡に、煙。飛行機雲を合成します。
講師:
03:50

字幕

このビデオではこっちの奥の飛行機に飛行機雲を追加します。はい今ですね、これではただペーストしただけという感じが強いのでここにですね、飛んだあとの軌跡ですね飛行機雲として描くことで、よりリアリティのある画像にしたいと思います。はいそれではですね、今この追加の飛行機が1番上のほうにあるので2個選んでですね、シフトキーを押しながら押すことで両方クリックできますねはいドラッグしていってはいそしたら背景の1個上におきます。これでですね、何かやったときにこのプロペラの向こう側飛行機の向こう側を通ることになります。はい、ではですね。ここにこの今こっちの飛行機とこっちの飛行機の間の所にレイヤーを一個作ります。ここですねここに雲を描いていきましょう。ではブラシを選択してまずブラシ、じゃあこのオプションですねクリックしてはい、この45と書いてある。これですねこれを選んでみましょうはいそうするとこんな形のブラシになるのでこれですねこの間隔の所を広めてあげるとこんなもこっとした質感がでてきます。今方向がちょっと揃ってるのでこのシェイプという所に移動して角度のジッターという所ですね。これを適度にばらけるように調整します。 はい、そしたらこれですね。ブラシサイズをちょっと大幅に上げてまずこれぐらいにしてみましょうかねはい、そしたらですね大体こちらの雲のあたりからブラシでこう描いていくとはい煙的な感じが出てきましたね。これをですねずっと描いていってこっちは大き目ですね。こっちは大き目に描いていってブラシサイズをですね一気に小さくしてこの飛行機の所で繋げますはいこんな感じにするとずっとですねこっちから繋がって飛行機雲が続いてるような感じになってきますこのままではちょっと立体感に乏しいので描画色ですね、黒にして不透明度20%位に下げてしまいます。でブラシをちょっと大きくしてそしたらこの下の方ですね、こっちの方を軽く塗ってあげることでこのように影を付けることができます。今度はもう少し薄くしてですね8%位にして全体を馴染ませてあげるとはいより雰囲気が出てきますねはい、こんなふうにですね、1回塗るだけじゃなくてちょっと濃さを変えて複数回塗ってあげることで立体感を出してあげることが可能です。

大空へ!Photoshopで作る飛行イメージ

このコースでは数枚の写真を素材にして、まるでプラモデルの箱に描かれているような迫力満点の戦闘機のイメージをPhotoshopを使って作成します。素材となる写真の切り抜き、モーションブラーを追加しての動きの表現、効果的な光の書き込み、複数の写真を使った大空の作成など、このコースを通してさまざまなテクニックを身につけることができます。

1時間58分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年09月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。