はじめてのGoogle アナリティクス

モバイル環境分析

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
スマートフォンなどのモバイルツールからアクセスしているユーザーの状況を確認しましょう。
講師:
05:03

字幕

このレッスンでは モバイル環境の分析 スマートフォンやタブレット そういうものからあなたのサイトに アクセスしてきたユーザーが どの位いるのか どのような人たちなのか ということを解析する方法をお伝えします まず メニューの中から「ユーザー」を クリックします 出てきたメニューの中から 「モバイル」をクリックしてください そうすると「サマリー」と「デバイス」 というのが出てきますが まず「サマリー」をクリックします サマリーを見ると ここに出ている折れ線グラフは 端末問わず全体のセッション数の 折れ線グラフになっています 下にいくと 全部で 28,757 セッションあったんですが デスクトップ これはいわゆる パソコンからのアクセスです その下2つ目3つ目 「 tablet (タブレット)」と 「 mobile (モバイル)」 というのがありますが これがモバイルツールからの アクセスが分かるようになっています サマリーで得られるのは この情報なんですが さらに深く見てみようということで この下の「デバイス」をクリックします 「デバイス」をクリックすると 同じように折れ線グラフが出てくるんですが これはスマートフォン タブレット いわゆる モバイルツールに絞ったセッションの数 アクセスの数が並んでいます さらに下にスクロールすると まず初期設定では 「携帯端末の情報」というところが 選択されていて それぞれの端末から どれ位セッションがあったのか それぞれのセッションに対して 新規セッション率 直帰率等 どういうデータになっているのか ここで見ることができます ここだと iPadや Nexus7 端末そのものについて出てきています Android の場合は特に 色んな機種があり なかなか難しいところがありますが サイトを適正に表示できているかというのを せめて上位10位まではチェックして おかれたほうがベターかと思います 今 「携帯端末の情報」というのを 見ていたんですが その1つ右 「携帯端末ブランド」というところがあります ここをクリックします ここは 機種ではなくブランドごとに 「 Apple 」「 Google 」 「 Samsung 」「 Sony 」 上から並んでいますが ブランドごとに セッション等データを見ることができます もう1つ右が「サービスプロバイダ」 どのプロバイダを使って 接続をしているのかというのを ここから見ることができます その1つ右 「モバイル入力セレクタ」 というのがありますが クリックします それぞれのモバイルツールがどういう 入力方法なのかをここで見ることができます 上が 「 touchscreen (タッチスクリーン)」ですね タッチスクリーンのモバイルツールが 6,704 セッション中 6,318 ありましたということですが 「not set (ノットセット)」と いうのはグーグルアナリティクスの機能上 読み込めなかった 認識できなかった ということになりますので ほぼ今の状況において タッチスクリーンのモバイル端末で見ていると 判断していいと思います その1つ右が「オペレーティングシステム」 OS ですけれども これにすると「 iOS 」がほとんど 5,871 セッション 続いて 「 Android 」 「 Windows 」 「PlayStation Vita」 という風に並んでいるのが見えます モバイル解析で見ておきたいのは やはり一番左の「携帯端末の情報」 とくに Apple は仕様が ほぼ一緒なのでいいんですが その他のデバイス Android で どのようなデバイスで見られているのかを しっかりとチェックしていただいて それぞれのデバイスであなたのサイトが 適切に表示されているか 表示崩れがないか等 解析をしていただければと思います このレッスンでは モバイル環境分析 スマートフォンやタブレット等のモバイルから どのようなユーザーが来ているのか どのような環境で見ているのかを見る方法を 解説させていただきました

はじめてのGoogle アナリティクス

このコースではGoogle アナリティクスを使用してサイトへのアクセスやサイト訪問者のサイト内での行動、それらのデータをどのようにマーケティングに生かしていくかについて学習します。アカウント作成からレポートの基礎まで、初めての方でもすぐに使えて役立つ機能を紹介し、大量のデータを分析・評価する方法を解説します。

3時間34分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
発売日:2014年11月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。