はじめてのGoogle アナリティクス

キーワード 有料とオーガニック

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
自然検索・有料検索 それぞれについての集客状況を確認します。
講師:
10:10

字幕

このレッスンでは集客メニューの中の キーワードというところでですね 有料広告を使ったキーワード流入と オーガニック検索から入ってきた― キーワード流入それぞれのキーワードを 見る方法というのを お伝えさせていただきます キーワードをどこで見るかというとですね このメニューの中の 「集客」を押してもらって ここに「キーワード」というのがあります キーワードの中にも2つ項目が あるんですけども まずは「有料検索」をクリックしてみます このサイトは有料広告 有料検索広告を使ってるんですけれども その中でですね 2つの種類の広告と コンテンツターゲティングという― そのサイトに合わせて広告を見せるという 3つの種類の広告を 使っているんですが それぞれですね セッションがどうだったか などなどですね 項目を見ることができる という形になっています この「一致した検索語句」 ここを見るとですね ここでですね キーワード ユーザーがどういう 検索窓に何と打ち込んだかと― いうところが分かります 例えば「ソーシャルメディア ガイドライン」という― キーワードを打ち込んで出てきた広告が このサイトの広告でしたと その広告をクリックして このサイトに 入ってきた人が 3セッションありますよという風に 見ていただいたら結構です 検索連動広告を出す時はそれぞれ キーワードを入力してですね キーワードをいくつか登録をしておいて そのキーワードを検索した人に対して 広告を見せるという形なんですけども 登録しておいたキーワードが 表示された回数ですね 表示されてかつクリックして実際に サイトにやってきた人が 3人 1人 1人 1人 1人と それぞれのキーワードについて いるという風にこれを見ていただければ 結構かなと思います 一番上の「not set」なんですけれども これは Google さんの方で 読み込めなかった他のサイトに表示されたので ここは解析ができないというところの 数値が出てますので これはどうしてもついてくるものなので そういうものだと思って 見ていただければと思います 一致した検索語句というところで キーワードを確認することができるんですが そのひとつ右ですね 「参照元」これをクリックしてください このサイトの場合 広告を出しているのは Google だけなので Google の広告で 19 セッションありました 新規セッション率は 新規ユーザーはと いう風に各数値を確認することができます Yahoo の広告とか出している場合は この下に「Yahoo」という欄が もうひとつできるという形になります 続いてそのひとつ右「メディア」ですね これをクリックしてみますと 広告の種類が表示されます このサイトの場合は CPC 広告 クリックあたりいくらという広告を 使っていますので この CPC というのだけが表示されていますが あるいはディスプレイ広告とかですね メールに掲載された広告などはですね この下に並んでくるという形になります 次 キャンペーンですね これを見ると広告というのは キャンペーンごと キャンペーンというのが ひとつの単位になって 広告群を作るんですけれども このサイトの場合は 「Twitter 炎上防止」という キャンペーンを作ってですね そこで広告展開をしていると そこの Twitter 炎上防止 キャンペーンの中の広告から いくつセッションがあったか そこの新規セッション率はどれだけだったか などなどですね というのが 表記される形になります 有料広告を出されている場合は まずこれですね 「一致した検索語句」これを見ていただいて しっかりと登録したキーワードで 流入をしているかというものを 確認していただく必要があります これが一番大事なところですね ここまで有料広告について お話をしたんですけれども 続いてオーガニック検索 自然検索を 見てみようと思います 自然検索はこの左の今「有料検索」 というところをクリックしてみましたが 下の「オーガニック検索」 これをクリックします そうするとですね これはもう一目瞭然ですね 自然検索でどういうキーワードを入力して このサイトに来てくれているかというのが 表示されます このサイトの場合ですね 該当期間内に 7436 自然検索で流入がありました というのが分かるんですが ここに表示されているのは この「表示する行数 10 」 と書いてあります 10 しか表示されていません 7436 分の 10 しか表示されていないと いう形になりますので この矢印を押してですね 全部見たい場合は 7400 あるんですけど 例えば 100 表示させましょうということで 「100」をクリックします そうすると流入キーワード上位 100 が こういう風に表示されるわけですね これでキーワード 何とユーザーが 検索をしてこのサイトに 来てくれているかというのが確認できます このキーワードの右側「参照元」なんですけど ここをクリックします そうすると自然検索 どこで検索してるの というのが分かります このサイトの場合 1位が Google 2位が Yahoo 3位が Bing 4位が楽天 5位が Goo とかね こういう風に見ることができます 続いてそのひとつ右の項目 「ランディングページ」これを見てみます ここで分かるのは検索をして入ってきた 最初のページですね ランディングなので 着地ページ 最初のページはどこなのかというのを 見ることができます このサイトの場合このページですね /iphone-ipadminiapp-19 というページに検索から 一番たくさん来ているということが分かります セッションが 2707 新規セッション率が 85.9 % これも全ての数値において この表で見ることができると いう形になっています これも下の方に行くと先ほど 100 表示に変えたので 100 まで表示されるんですが 実際には 255 あるわけですね ここのデータが 全部見たい場合は「表示する行数」の 今 100 となっているところを 250 とか 500 とかクリックしていただくと 例えば 250 をクリックするとですね ずらっと 100 位以下も表示される という形ですね … になっています 上に戻りますね ランディングページ 検索から来た人たちが 一発目にどこを見ているかというところが これで分かります ただオーガニック検索の中でですね やっぱり一番見ていただきたいのは このキーワードのところですね どんなキーワードで検索をして あなたのサイトに来ているのかと いうところはですね 非常に重要に なってきます 例えばですね この「iPad mini アプリ」これで検索して どこに来ているのかというのを考えていくと 「iPad mini アプリ」って検索する人って どんな人なの? って考えると 多分 iPad mini のアプリ 便利なのないかなという風に 検索されていますよね その人に対して便利な iPad mini の アプリをちゃんとランディングページで 見せてあげることができているか などなどですね ここで 見えてくるわけですね もしできていなければ しっかりとしたコンテンツを 見せてあげることによって このページ 閲覧ページもそこから増えていったり コンバージョン率も上がってくる ということが起こるわけです なので大量にアクセスのあるキーワードも もちろん大事なのですが ずっと下の方を見てですね 一気に下の方に行きますね ずっと行きますと非常に少ない キーワードもあるわけですね ただこういうキーワードの中に 自分のビジネスに関連するようなワードが 入ってたりします 例えばここで言うと 「フェイスブック お店 スポット 地図 修正」というキーワード 4しかないキーワードなんですけれども あるわけです これ多分ですね フェイスブックの お店のスポットの地図の場所が 違うんでしょうね これを検索した人は それを治す方法を知りたいということです これを見てすることっていうのが 自分で検索してみるわけですね 「フェイスブック お店 スポット 地図 修正」と 出てくる自分のサイトをクリックしてみて そのページがですね ちゃんとそのキーワード この質問に対する答えに なっているかというところを考えてですね なっていなければページを修正する ということによって この検索で来た人の 質問の答え 満足度が上がってくる ということになるわけなので しっかりとキーワードを見極めながら サイト内のコンテンツをですね 充実させていってあげて いただければなと思います このレッスンではキーワードですね 有料検索とオーガニック検索 それぞれについてのキーワードの 確認の仕方 活用の仕方をお伝えさせていただきました

はじめてのGoogle アナリティクス

このコースではGoogle アナリティクスを使用してサイトへのアクセスやサイト訪問者のサイト内での行動、それらのデータをどのようにマーケティングに生かしていくかについて学習します。アカウント作成からレポートの基礎まで、初めての方でもすぐに使えて役立つ機能を紹介し、大量のデータを分析・評価する方法を解説します。

3時間34分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
発売日:2014年11月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。