はじめてのGoogle アナリティクス

Adwords

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
GoogleAdwordsの効果を計測します。GoogleAdwordsで広告展開している方向けの項目です。
講師:
06:41

字幕

このレッスンでは Adwords と連動して 使っている方向けに GoogleAnalytics の中で Adwords の データを参照する方法をお伝えします Adwords と連携されている場合は ここの「集客」のメニューの中から 「 Adwords 」という所をクリックすると 様々な指標が見られるという 形になります Adwords の管理画面に ログインされなくても こちらである程度のデータが 収集できるという形になりますので 有効に活用していただきたいと 思います 上から順番に必要な所を見ていきます まず「キャンペーン」 これはキャンペーン毎に 成果が表示されるという形です このサイトの場合は ここにある 「 Twitter 炎上防止」という― キャンペーンを実施しているんですが そこからのセッションがいくつあって 新規セッション率がどれ位 新規ユーザーがどれ位という 所が表示されています Adwords というのは勿論 広告のことなので 広告というのはどちらかと言うと リピーターよりも新しいユーザーを 呼んでくるという風になると 思いますので 新規率がどれ位あるのかなと いう所をこの項目の中で― 見ていただきたいと思います 続いて「入札単価調整」 こちらをクリックします これはかかった広告費用が このように見られるということです この「 Twitter 炎上防止」という キャンペーンの中で クリックがどれ位されたか 費用がどれ位かかったか クリック単価は平均的にどれ位だったか セッションはどれ位あったかと いう所が全部確認できるようになっています この入札単価調整の項目では こちらを見て下さい デバイス毎に分類がこういう風に 出ている形なんですけども 1番上の Mobile devices with full browsers は― モバイルツールで見ておられるユーザーが どれ位の反応があったかということです Computers これはパソコン― ノートパソコンとかデスクトップの パソコンで出た成果です 1番下 Tablets with full browsers これはタブレット―ipad とか Android の タブレットなど―で見たユーザーが どうだったのかということを ここでチェックすることができます その下 「 Adwords キーワード」を クリックします すると登録していたキーワード群別に こういう風に表示されます Adwords を設定するときに キーワードの母体となる― タイトルのようなものを付けるんですけども そのタイトル毎にこういう風に 評価が出てくるという形なんですが これだと分かりにくいので 全部登録したキーワード― そのキーワードでちゃんと入ってきてるかは このもう1つ下の― 「一致した検索語句」をクリックして下さい ここを見るとそのキーワード広告の中に アクセスが欲しいキーワードを 登録してる筈なんですが それと完全に一致したものは どれがあるかを見ることができます 例えば「 SNS 炎上事例」 「ウエステンホテル東京炎上」等々 この特定のキーワードに対して それぞれどれ位のアクセスがあったのか 来たユーザーはどういう方だったのか 直帰率はどれ位か等 指標が確認できます この「一致した検索語句」を 見ていただくことによって 適切なキーワードが登録できているかどうかを 確認できますので こちらの方をしっかりと見るように して下さい 続いて時間帯の所です クリックします これは単純にどの時間帯に どんな成果があったかということです ここに6時 7時 8時 9時と ずっと並んでいるんですが 時間毎にこうやって評価が出て くるという形です これも並び替えたければ こちらをクリックすると 逆に遅い時間から順番に 並べ替えられることもできます 見易い表示方法にして 表示していただければと思います 次は「リンク先 URL 」です これをクリックすると この Adwords 広告で 誘導する先の URL このキャンペーンの場合は この URL 1つなんですけども 複数ある場合はそれぞれの URL の中で 新規セッション数 新規ユーザー 直帰率などを見ることができます まだ項目があるんですけども 見ておいていただきたいのは この「入札単価調整」 もう1度クリックします 実際にコストパフォーマンスは どれ位なのかという所が このようにざっくりと分かる形になっています 実際にこれだけかけて それに見合う効果が出ているのかが この入札単価調整の中で クリック単価とか― ここです― 総費用を見たりして この広告を出すべきか出さないべきか メンテナンスが必要なのかと― いう所も考えて下さい あとは この「一致した検索語句」ですね これをもう1度クリックしますが ここで登録しておいたキーワードが 適切なのかどうかと見ることもできます ここに登録しておいたものがしっかりと 反映されているのか 沢山登録したのに ここに出てくる数が非常に少ないなら 登録キーワードの見直しも 必要になってくると― いう形になっていますので この辺りをしっかりと見ながら Adwords の運用を適切に 行って下さい このレッスンでは集客の Adwords という項目の中で 何が見れるのか どう生かすのかについて お伝えいたしました

はじめてのGoogle アナリティクス

このコースではGoogle アナリティクスを使用してサイトへのアクセスやサイト訪問者のサイト内での行動、それらのデータをどのようにマーケティングに生かしていくかについて学習します。アカウント作成からレポートの基礎まで、初めての方でもすぐに使えて役立つ機能を紹介し、大量のデータを分析・評価する方法を解説します。

3時間34分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
発売日:2014年11月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。