はじめてのGoogle アナリティクス

ソーシャル

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
FacebookやTwitterなど、ソーシャルメディアからの集客状況を確認します。
講師:
10:31

字幕

このレッスンでは集客メニューの中の- 「ソーシャル」という項目で何が見れるのか という所をお話させて頂きます 文字通りソーシャルなので ソーシャルからの集客情報を 見れる訳なんですけど まずこのメニューの中の 「集客」をクリックして下さい ここ下にずっといくと 「ソーシャル」というのが出てきますね ここをクリックすると 更にメニューが展開されます まずは概要ですね 「サマリー」を見てみましょう この中で表示されているのが まず右上のこの部分ですね 「セッション」というのがありますけど これはソーシャル云々ではなくて このサイト全体のお話です 全部でこの期間内に 29,027のセッションがありました ということなんですけれど この下に書いてある数値 「ソーシャルメディアからの 参照を経由したセッション」ですね ここが正味 ソーシャルからの セッションを表示したものです 且つ この下の「コンバーション数」ですね というのはソーシャルメディア から来たユーザーが どれだけのコンバージョンをしたかという所 コンバージョンというのは 別に設定する項目があるんですけれど どれだけあったかというのを 見ることができます この右下に表示されているのが ソーシャルネットワーク それぞれの数値が書いてます Facebook からどれだけ セッションがあったのか Twitter からどれだけ セッションがあったのか Never Google+  アメーバ はてなダイアリー という風に並んでるんですが それぞれソーシャルメディアごとに セッション数の数値が出ています 今 このソーシャルネットワーク という風に表示されている所が 初期設定になっているんですけど この2つ目「共有された URL 」ですね これをクリックしてみます するとこういう風に 色んな URL がざっと並ぶんですが これは各ソーシャルメディアで どのページの URL が 紹介されているのかと- 且つ その紹介された URL から いかにセッションが生まれているのか- という所が表示されている物です これを見ながら どういうコンテンツが ソーシャルメディアで紹介されやすいのか などを検証して頂ければなと思います 概要を見ると次に この「参照元ソーシャル」を クリックしてみましょう これを見ると まず折れ線グラフが こういう風に2つ出てくるんですけど この上の方が「ソーシャルメディアからの 参照を経由したセッション」 ソーシャルメディアから 来たセッションの推移を こういう風に書いてます 日ごとに今 表示されてます この下の所 これが全てのセッションです これソーシャルメディア関係なく このサイト全体のセッションが 出ているという形になんですが 更に下におりて行くと ここにソーシャルネットワークごとに 集計されている数値が出てます ここでは「セッション」と「ページビュー」 あと「平均セッション時間」 「ページ/セッション」 1セッション当たり何ページ見たか という所が書いてます これを見てみるとセッション時間と ページ/セッションを見ると Twitter からのパフォーマンスが いいなあということがわかります Facebook から来た人は 49秒しか見ていないのに対して Twitter から来た人は 1分22秒見てくれてる 1セッション当たりのページ数も Facebook からの人は 1.22 なんですけど Twitter からの人は 1.45 見てくれている という形になっています ただセッションの数を見ると 圧倒的に Facebook の方が多いという事で では Twitter の方を増やすと もっとパフォーマンスが良くなるのではないかと- いう所がこういう所から読み取れるわけです という風に使っていって頂ければと思います その次「データハブのアクティビティ」 と書いてあるんですが 「データハブアクティビティ」というのは ここに書いてある見慣れない- ソーシャルメディアが ずっと並んでると思うんですけれど 皆様お馴染みがあるのでいうと「Google+」とか あと「はてな」とか「ポケット」とか ご存知の方いらっしゃるかもしれないです ここに登録されているソーシャルメディア データハブパートナー 「Googleのデータハブパートナー」 という風に言うんですけど ここでですね紹介された会話 コメントとか そのページ自体を紹介された- そこから来てくれたユーザー という形になってます ちなみにここはにFacebook とか Twitter とか含まれてませんので あくまでも参考数値として 見て頂ければいいんじゃないかと思ってます その下「ランディングページ」 ここをクリックしてみます ここでは- ソーシャルメディアから来られた 来てくれたユーザーが まず最初にどのページを見ているか という所がわかります さっきの紹介 URL と同じなんですけど ソーシャルメディアで紹介をされて どのページに来ているか どういうページがソーシャルメディアでは クリックされやすいのか- などを検証することができますので ここは小まめにチェックして頂いた方が いいんじゃないかと思います 例えばこの URL このページには セッションが25もありましたよ ということがわかります 2番目のページ セッションは14しかないんですが 平均セッション時間は 1分を超えてますということで かなりじっくり見てもらってるな ということがわかったりする訳です そのページを見直して 他のページにも反映される 等々の活用方法が このデータからは生まれます 続いて「トラックバック」なんですけど これらのブログのトラックバック という仕組みを昔 使って よく使われていたんですけど 最近はあまり使われることがないので あまり参考にする事も この項目ではないのかなと考えてます その次「コンバージョン」ですね これはソーシャルメディアから生まれた コンバージョンの数値があれば ここに表記されるという形になるんですけど この「コンバージョン」と 「アシストと終点の分析」 というのをクリックすると このコンバージョンに 至るまでの経路を登録しておくと その経路を通ってコンバージョンまで 至ったのか至ってないのかなどなど ここの「コンバージョン」という項目で 見ることができます 次に「プラグイン」をクリックしてみます このプラグインっていうのは サイト内にある- ソーシャルメディアプラグインボタン 「+1」とか Facebook の「いいね」ボタンとか 「ツイート」ボタンとかあると思うんですけど そこから拡散されて それぞれのメディアに掲載をされて そこから いかにクリックがあったか というのを表示されるものです プラグイン この URL が 今ここに表示されているんですけど このサイトこのページが プラグインによって拡散されて セッションがありました という数値になります 今「エンティティ」というのが 表示されているんですが これ真ん中「ソーシャルメディア」 という所をクリックすると この Google ですね Google+をクリックされて Google+に そのサイトの URL が掲載されて そこからクリックして来たのが1つありました という風に見てください 次の右側「ソーシャルメディアとアクション」 ということなんですけど それが Google の「+1」でしたよと- クリック 1アクション クリックされましたということです そこから Google+を押されたことによって 拡散されたリンクがクリックされて 1アクション生まれていますよ  という風に見て頂ければ結構です ソーシャルの一番下の所 「ユーザーのフロー」ですね これをクリックすると これはですね- ユーザーの「ユーザーフロー」 という所でも見れるんですけれど ソーシャルネットワークから来た ユーザーがどの様に動いたか どのページに入って どういうページに移動して どう離脱したかという所を 全部確認できるものになってます Facebook から来た人は このページに行って 離脱率がここで言うと30ありました 残りの1の人はこう動きましたよ という所が全部見れる訳です なのでソーシャルメディアから誘導して来て そこからお申し込みフォームとか 購入フォームとか 購入ページとか そちらに 移動させたいという目的があって ソーシャルメディアで共有した時に その様に自分が思った様に ユーザーが動いてくれているかどうか というのをここで全部 チェックができるという形になりますので このユーザーフロウも しっかりと見て頂ければと思います このソーシャル非常に 項目が沢山あるんですけど ようは「サマリー」のところを見ていただいて この右下の所ですね どのソーシャルネットワークから 来ているかという所と この「サマリー」の所の左の 「共有されたURL」ですね ここをクリックしてもらって見られる どのページが拡散 ソーシャルメディアで されやすいのかという所を 小まめにチェックをして置いて頂くと 上手くソーシャルメディアの中で あなたの作ったコンテンツが 展開されるという事になってきますので しっかりとチェックをしておくようにして下さい このレッスンでは 集客の中の「ソーシャル」 という項目について- 何がわかるのか説明させて頂きました

はじめてのGoogle アナリティクス

このコースではGoogle アナリティクスを使用してサイトへのアクセスやサイト訪問者のサイト内での行動、それらのデータをどのようにマーケティングに生かしていくかについて学習します。アカウント作成からレポートの基礎まで、初めての方でもすぐに使えて役立つ機能を紹介し、大量のデータを分析・評価する方法を解説します。

3時間34分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
発売日:2014年11月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。