はじめてのGoogle アナリティクス

サイトの速度

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
サイトの表示速度を確認します。サイト表示時間が長くなるとユーザーに不利益を与えますので、チェックが必要です。
講師:
10:13

字幕

このレッスンではサイトの速度 というところを見て行きます サイトの速度というのはですね 表示速度のことですね そのサイトにアクセスして 全部表示されるまでの時間の事を サイトの速度というんですけれども これって非常に重要でですね 見てる人にとっては さっと短時間で表示される方が 優しいですよね プラス Google の検索結果も このサイトの表示速度が速い方がですね 評価が得られると言われています なので二つの意味がありますので このサイトの速度というのは見ておきましょう このサイトの速度の見方なんですけれども まずこの「コード」をクリックして下さい そうするとメニューが展開されますので この中の「サイトの速度」ですね これをクリックします 更にメニューが展開されますので 先ずは「サマリー」を見てみましょう そうするとこの折れ線グラフが 出てくるんですけども これはですね 平均読み込み時間が 日々グラフになって出て来ていると いう形になります で ずっと下の方に行きますと 今ですね初期設定では この「ブラウザ」となってます ブラウザごとの平均読み込み時間が ここに出ているですけども 一番目がアイアンですかね 日本ではちょっと定着していない ブラウズなんでアイロン アイアンですかね Google Chrome の不要な機能を そぎ落としたブラウザというのが あるそうなんですけども そのブラウザで見た時が 一番表示時間が短いと 次いで Chrome Firefox という風に 並んでるワケなんですね 見てるとInternet Explore だと かなり時間がかかっちゃてるな ていうところが わかったりします 次に下の「国/地域」ですね ここを見てみると これは国ごとに平均読み込み時間が出てます まぁこれはですね参考程度に 見ておいて下さい もう一つ下「ページ」ここが大事ですね 「ページ」クリックします これはページごとにですね サイト中にあるページの一つ一つの ページごとに平均読み込み時間が出てます ここはですね読み込み時間が短いものが 上から順番に並んでる という形なんですけども もうちょっと下にスクロールすると 十個ですね 並んでるという形です 大体これ位の時間がかかっているんだな っていうのが これを見て頂ければ わかるかなと思います ここで見ておいて頂きたい 指標っていうのがもう一つここ 平均読み込み時間ですね サイト全体のどこのページに来てもですね 大体平均的に 10.82 秒かかってると 先ずこのサイト速度 サマリーでは理解して下さい で 更に詳しく見て行きます サイトの速度メニューの中の 「ページ速度」 これをクリックします そうするとですね ページごとに サイトの表示速度が表示されています 今ですね ここに並んでいるのは ページビュー順ですね ページヴューが多い順番に サイトの表示速度がどうだったのか っていうところが書いてるんですけども この見方なんですがサイトの平均は 10.82 秒ですよと ここに書いてます その平均に比べて この真ん中のラインが平均ですね 平均に比べてどれ位悪かったか 右側赤いのが悪いですね 表示時間が長くなってるっていうことです 左側が表示時間が短いって言うことですね 10.82 平均と比べて何パーセント長かったか 短かったのかというのがここに出てます 更に深く見ていこうと思うとですね 例えばこのすごく悪いやつ平均よりも 161.69% 長く表示時間がかかっている このページの詳細を見てみましょう と ここをクリックします そうするとページビューと共に サイトの平均 10.82 表示時間に対して このページは 28.32 秒もかかっていますよ ということがわかります これを見てこのページに行って 画像が多すぎないかとか ほかのプラグイン なにか余計なのが 入っていないかというのを見ながら このページのサイトの表示時間を 短くするように改善するなど 対策を打って頂くことができるということです 前の画面にもどりますね ページごとにこうやって見れるということです 並べ替えもできます いまページビュー順に並んでいますが ここを押すと平均読み込み時間 これをクリックすると 長くかかっているものから 赤ばっかりですね 平均読み込み時間が長いものから 順番に並べられたりとか逆にこの矢印を押すと 短いものから並べたりとか という形で並び替えができます あとよく使う所というのは直帰率 離脱率も大事ですね 時間が長くかかってるのでもう表示するのが 面倒くさいから見ないでおこう と 違うページに戻っている可能性がある ということで直帰率の高いものを見てみます 今ゼロパーセントなので ここを押すと― 百パーセント直帰しているページなんかが こうやってあるわけですね では「これ時間がかかりすぎ」なのではないか という所でサイトの詳細を見てみるとか 直帰率にあわせて離脱率もそうですよね クリックします これも同じようにそのページに行ったけれども そこでもう離脱している ということは表示時間が長すぎるのではないか という仮説を持ってこのページを見直してみる― ということができるわけですね 等々で こちらでページごとに 表示時間というのをチェックしてみてください ただ この Google さん非常に賢くてですね 表示時間が長ければ こうしたらいいのではないか― という提案もしてくれます それがこの「速度の提案」 という所なんですけれども クリックします この速度の提案を見ると ここにページビューごとに 並んでいますが 先程と同じようにページビュー順に 平均読み込み時間がそれぞれ並んでいる という形ですが この右の「PageSpeed の提案」 という所もありますが 先にこの PageSpeed スコア これを見てください これは百点満点の内 このページは ページ速度という視点で見ると何点なのか という所がずっと出ているという形です 大体このサイトの場合 60 点前後ですね そこでこの「PageSpeed の提案」です どれでもいいんですけど 例えばこれをクリックしてみます 何が表示されるかというと Google さんが ここを直したらもっと早くなりますよ という風に提案をしてくれます 今分析中ですね 表示されました ここにずらっと並んでいますが ざっと上から説明しますと この赤「修正が必要」というのと 黄色「修正を考慮」というのと 一番下緑「一個のルールに合格」 というのがあります 各項目によって修正するところがありますが この修正どこをしたらいいかというのを 全部指示をしてくれています 例えば分かり易い所というと この「画像を最適化する」 これをクリックしてみると 「修正方法を表示」ですね このページのこの画像を もう少し小さいサイズにするといいですよ― というのがずっとでてます サイトに載っている画像というのは 種類などいろいろありますが 例えばしっかりとしたサイズの 綺麗な画像を見せたいのもあれば その必要がないものもあったりしますよね そこはサイトの中を見ながら サイズを下げられる物については下げていって そのままの物はしておくという所をやるとか 後ですね― この「CSS を縮小」 したらいいのではないかとか 「HTML を縮小」したらいいのではないか とか こうやって全部指示をしてくれています これは運営されてる方のスキルであるとか 実際にはそこは直せないよという箇所とか 色々あると思いますが できるとこだけででも この提案に合わせて修正をしていくと このサイトの表示時間というのが どんどん短くなるということがあるので 有効に活用していただければなと思います Analytics に戻ります こういう形でサイトの表示時間 非常に重要な指標なのでチェックしながら サイトの改善に役立てていただければな と 思います このレッスンでは行動というメニューの中の サイトの速度というメニューで何が見れるのか どういう風に役立てていただけるのか という所をお話しさせていただきました

はじめてのGoogle アナリティクス

このコースではGoogle アナリティクスを使用してサイトへのアクセスやサイト訪問者のサイト内での行動、それらのデータをどのようにマーケティングに生かしていくかについて学習します。アカウント作成からレポートの基礎まで、初めての方でもすぐに使えて役立つ機能を紹介し、大量のデータを分析・評価する方法を解説します。

3時間34分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
発売日:2014年11月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。