はじめてのGoogle アナリティクス

アトリビューション

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
広告からアクセス誘導している場合は、媒体費用とコンバージョンの関係性を確認することができます。
講師:
03:05

字幕

このレッスンでは コンバージョンのアトリビューションという― 項目をお話ししようと思います これは広告から アクセスや誘導をしている場合に 媒体費用とコンバージョンの関係性を 確認することができるメニューになっています そもそも 広告を使うべきなのか もっと強化するべきなのか 止めるべきなのかという判断も これを見たらできますので 広告を使われている方は 是非 見ておいて下さい メニューは左の「コンバージョン」 から 一番下の「アトリビューション」を クリックします ここに「モデル比較ツール」が出ますので クリックして下さい そうすると チャンネルグループごとに コンバージョンに至った内訳が ここに表示されています このサイトの場合を見てみると 一番はここです オーガニック検索から来たユーザーは 53 件コンバージョンが発生しています 「ノーリファラー」はブックマークとか メールからのものです メールに書いてあるリンクを踏んで来た方は 9件発生しているということです 3位が「参照元サイト」です どこか他のページで このサイトを紹介してくれて リンクを踏んで飛んできて コンバージョンしたという方が 4件おられます その下 4の ディスプレイ広告が0です そして 有料検索も0になっています それぞれにかけた費用が ディスプレイの場合は 29,703 円 有料検索の場合は1,663 円を かけているのですけども 結局 コンバージョンは 発生していないことが このサイト場合のは分かるわけです そこで何を考えないといけないかというと 「じゃあ ここで広告を止めちゃっても いいんじゃないですか?」という考えも 検討の余地にはありますし 「もっと パフォーマンスの良い広告の 出し方をしないといけないな」という判断が これを見ながらできるわけです いろいろメニューがあるのですが 1つ右に行くと 「参照元 / メディア」があります これは参照元毎に コンバージョンの内訳が出てきます 媒体費がかかっているものについては この cpc とか display という形で 金額が入っています この様に 細かく内訳を見ていくと 実際にお金をかけるべきところと かけるべきでないところが 見えてきますので このコンバージョンのモデル比較ツールを 広告を使われている方は 是非 使ってみて下さい このレッスンでは コンバージョンの アトリビューション― 広告からアクセスを誘導している場合の 費用対効果の見方をお伝えしました

はじめてのGoogle アナリティクス

このコースではGoogle アナリティクスを使用してサイトへのアクセスやサイト訪問者のサイト内での行動、それらのデータをどのようにマーケティングに生かしていくかについて学習します。アカウント作成からレポートの基礎まで、初めての方でもすぐに使えて役立つ機能を紹介し、大量のデータを分析・評価する方法を解説します。

3時間34分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
発売日:2014年11月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。