Sass入門ガイド

Sassの仕組み

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
そもそもSassは、どのような仕組みで動いているのでしょうか? ここでは、Sassを作成してから、実際にWebブラウザで動作させるまでの流れを紹介します。
講師:
02:44

字幕

そもそも Sass はどの様な仕組みで動いているのでしょうか。ここでは Sass を作成してから実際に Web ブラウザで動作させるまでの流れを紹介します。Sass は CSS と同様にプレーンなテキストファイルとして作成することができます。しかし Sass ファイルはWeb ブラウザに直接読み込むことはできませんこれは Sass という仕組みが独自に実装された仕組みでありCSS の様な Web 標準としての仕様ではないためです。そのため Sass で書かれたファイルをWeb ブラウザで利用するためには一旦 CSS ファイルに変換する必要があります。この変換のことをコンパイルと呼びます。コンパイルはプログラミング言語によってあるファイルをまた別のファイルの形に変換することを指します。別の呼び方でビルドと呼ばれたりもします。この様にコンパイルして CSS ファイルを出力しWeb ブラウザに読み込むことでSass ファイルを利用することができます。通常 CSS を書く時は書いたファイルが、そのまま Web ブラウザに読み込めますがSass ではこの様な流れが必要であることを覚えておきましょう。 またコンパイルには次のものが必要になります。先ず 1 つ目が Ruby です。Ruby とはプログラミング言語の 1 つです。Sass のコンパイルには Ruby が必要ですが特に Ruby についての深い知識は必要ありません。尚 Windows の場合事前にインストーラーを使ってRuby をインストール必要があります。Mac の場合はデフォルトでインストール済みですので特に作業は必要ありません。次に Sass 本体をインストールする必要があります。Sass 本体はCUI というキーボードでコマンドを打つインターフェースでインストールを行います。Windows ではコマンドプロンプトMac ではターミナルと呼ばれる環境のことです。これら 2 つのものが Sass のコンパイルに必要になります。これらのインストールが面倒という場合はインストールをせずに使えるソフトもあります。何れにしても自分のワークフローや環境に合った手段を選び開発環境を構築すると良いでしょう。このレッスンではSass を作成してから実際に Web ブラウザで動作させるまでの流れを見ました。

Sass入門ガイド

SassはCSSを効率的に書くための拡張言語です。Sassにはセレクタの入れ子、変数の利用や条件分岐などCSSだけでは実現できないパワフルな機能が数多く用意されています。これらの機能を使うことでCSSを記述するのに割く時間を大幅に減らすことが可能です。このコースではSassの導入方法からひと通りの機能を使いこなせるところまで順を追って解説します。

3時間41分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。