Sass入門ガイド

他のCSSプリプロセッサとの比較

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Sassのように、CSSを変換するための言語をCSSプリプロセッサ、またはCSSメタ言語などと呼びます。ここでは、Sassの他にもあるCSSプリプロセッサとの違いについて紹介します。
講師:
03:04

字幕

Sass の様にCSS を変換するための言語をCSS プリプロセッサ又は CSS メタ言語と呼びます。このレッスンではSass の他にもあるCSS プリプロセッサとの違いについて紹介します。Sass の他に代表的な CSS プリプロセッサとしてLESS が挙げられます。LESS はツイッターブートストラップで採用されているCSS プリプロセッサです。Sass と比較すると機能は少ないもののクライアントサイドで動的に CSS を生成できるためSass の様に事前にコンパイルする必要が無いという様な特徴が挙げられます。また、もう 1 つ代表的な CSS プリプロセッサとしてStylus というものがあります。Stylus は Node.js のモジュールとして誕生しました。他の CSS プリプロセッサと比較して非常に簡素化した記述が可能です。この様に CSS プリプロセッサにはSass 以外にも様々な種類のものがあります。しかし、それでも Sass を選ぶ理由とは何でしょうか。Sass が他の CSS プリプロセッサと比較して優れている点として先ず全てのバージョンの CSS と互換性があるという点が挙げられます。 例えば現在一般に最も普及しているCSS 2.1 との互換性は勿論最新の CSS 3 やCSS 4 とも全て互換性を保っています。また他のものと比べて機能は大変豊富です。ルールのネストや柔軟なコメントは勿論Sass スクリプトという仕組みを使ってプログラミング言語の様に処理を行うことができたりあるいはミックスインを使って効率的良くスタイルを定義することができます。また Sass は7 年以上にわたって開発とサポートが続けられてきました。現在もオープンソフトウエアとして非常に多くの人々が開発、サポートに携わっています。そして心強いことにSass を採用している企業やユーザーが非常に多いという点が挙げられます。これは困った時に周りの人に聞いたり助け合ったりすることができるという点で非常に大きなアドバンテージです。また Sass を使ったフレームワークとしてCompass や Bourbon といった有名なフレームワークが沢山充実しているという点も見逃せません。この様に他の CSS プリプロセッサと比較してもさすが優位性を保っている点は多くあります。このレッスンではSass の他にもあるCSS プリプロセッサとの違いについて学びました。

Sass入門ガイド

SassはCSSを効率的に書くための拡張言語です。Sassにはセレクタの入れ子、変数の利用や条件分岐などCSSだけでは実現できないパワフルな機能が数多く用意されています。これらの機能を使うことでCSSを記述するのに割く時間を大幅に減らすことが可能です。このコースではSassの導入方法からひと通りの機能を使いこなせるところまで順を追って解説します。

3時間41分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年10月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。