ソーシャルメディアマーケティングの基礎

ソーシャルメディアマーケティングを理解する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
ソーシャルメディアと従来のサイトのマーケティング手法の違いを理解します。
講師:
10:06

字幕

このレッスンでは ソーシャルメディアマーケティング を理解するというところを お伝えしようと思っているんですが 比較として 従来のウェブマーケティングとの違いを ご理解頂きながら進めると わかりやすいかと思い そういう流れで お話しさせて頂こうと思ってます 明らかに違うところがありますので しっかりと認識をしてください まず従来のウェブマーケティングというのは 企業側が情報をウェブ上で発信をする これから全て始まりまして 見る側は それを受信 閲覧して それが自分にとって有益’な情報なのか そうでない情報なのかということを判別して 実際その企業と接触ポイントが生まれてくる というものでした 流れとしては ウェブサイトがあります 皆さんもお持ちだと 思います そこに対して ここには三つ書いてあります 「SEO」「検索連動型広告」 「バナー広告」と あらゆる手段で ウェブサイトに人を集めてきて 数を集めます 数を集めてきて そこで いわゆるコンバージョン  目的を達成するかどうかというところを 追っていくのが 従来のウェブマーケティング ウェブサイトの役目です 言ってみればウェブサイトというのは お店というわけです お店にどれだけの人を 呼んでこれるかということが まず一つ勝負 ということになります この従来のウェブマーケティングが悪い というわけではなく 今も王道です 王道なのですが  ソーシャルメディアマーケティングというのは こういうこととは ちょっと違うんですよ ということをお伝え出来たら と思ってます 例えばソーシャルメディア上で 今までと 今までのウェブマーケティングと 同じように発信をする お客さんに対して もしくは 将来お客様になるであろう人に対して どうするかというコンテンツを投げていっても 見た人は 「 ??? 」 になります なぜかと言いますと ソーシャルメディアというのは まず企業側が情報を投げる それに対してお客様が 何かレスポンスをくれる このやりとりですね これも一回だけではなくて  何回も何回も行われる つまり コミュニケーションを取るものです 基本的には それを理解を頂かないと絶対に ソーシャルメディアというものは 上手くいきません そもそも Facebook でも Twitter でも mixi でも 個人同士がコミュニケーションを 取るために最初は活用されたものです そこに企業さんが出ていって 「うちの商品いいですよ」 「うちのサービスいいから使ってください」 「うちのお店に来てください」と言っても この人たちは全然反応してくれないわけです 基本的には それだけをやっていても ソーシャルメディアにも いろんな形で人は集めてくるわけです ここは従来のウェブマーケティング と変わるものではありません 見てくれる人がいないと どうしようもないわけですから 地力のある 例えば超有名企業であるとか 超有名人であるとか という場合であれば ソーシャルメディアでのアカウント 「フェイスブック始めました」 「ツイッター始めました」とやると それだけで人は集まってきますが なかなかそういうわけにはいきません なのであらゆる手段を用いて ソーシャルメディアに 人を集めてくる ということはやるわけです ただ従来のウェブマーケティングと 明らかに違うのは 集めてきた人と  まず交流をする ここに 「うちの商品いいですよ買ってください」 「うちのサービスって素晴らしいですよ」 とやっても 「単なる売込みですか あなたのソーシャルメディアアカウントは」と なってしまって何も反応が無くなります なのでまず「交流する」ということを 最優先においてください 交流をしながら「関係構築」をしていくと この人 なんかソーシャルメディアの中で いろんなユーザーと 関係構築 交流をするんだな という 意思表示をすることによって また実際にそういう交流を していくことによって 信頼を得ることができます  関係をしっかりと構築をすることができます 関係を構築できたという段階で 初めて「告知・誘導」を行ってください この流れを踏まないと 絶対に上手くいかないので ほとんどの企業さんが一番下 とにかくソーシャルメディアに人を集めてきて 告知と誘導ばっかりされている となると反応がない 効果が出ない  やめる という形になります なのでこの流れは  絶対に覚えておいてください ソーシャルメディアというのは こういう風にいろんな メディアがあって推移があります 例えば Facebook であれば やや右肩上がりで 上り切っちゃおう になってますが 最近ちょっと頭落ちかな ということも言われてます この水色の明るいほう こちらは Twitter のユーザー数 アクティブユーザー数の推移を 表したグラフなんですけど 下がりつつ上がりつつ ということでこれもちょっと 横ばいかなという雰囲気になってきてます このオレンジの線が mixi ですね これはちょっと言葉悪いですけど 順調に右肩下がりでユーザーが 減っているという状況になってきてます 何が言いたいかというと  例えば Facebook... こちらにも書いてます  今 国内のアクティブユーザーが 2100 万人と言われています Twitter の場合は国内のアクティブユーザー 週に一回ログインするユーザー  2000 万人ぐらいという風に言われています ちょっと左の折れ線グラフと 数値が違うのですけど これは計測したタイミングが違うので  多少のブレはお許しください 何がお伝えしたいかというと この一つのメディアが ずーっとたくさんの人に 使われ続ける という状態は 個人的には ソーシャルメディアの 世界では無いと思ってます 何か新しいのが出てきて 前に使われていたものが 減っていって という流れは絶対にでてきます ただ そんな時に今使われている 例えば Facebook で 新しいこういうメディアの アカウントも取りました という風に伝えることによって Facebook のユーザーを 新しいメディアに誘導ができる ということになってきます なので今 Twitter Facebook が 日本では一番使われている ソーシャルメディアなので しっかりとここで運用をしておいて もし Facebook Twitter が  使われなくなった時には そこから Facebook Twitter から 新しいメディアに誘導していく という流れを作れば 継続して関係を構築し続けられる ということになってきますので しっかりとここで関係を構築してください ソーシャルメディアで関係を構築した人達は ウェブサイトにいかに誘導するか ということを考える どんな投稿をしたら ウェブサイトに来てくれるのか どんな投稿をしたら逆に来てくれないのか なども 考えながら運用する ウェブサイトに来てくれた人は ソーシャルメディアに戻って来てくれて しっかりとそこで仲良くですね  コミュニケーションを取る この流れを作って頂いて  このウェブサイト ソーシャルメディア行ったり来たり ということを しっかりとコミュニケーション取りながら ビジネスにも活用して頂くという 流れを作って頂ければ と思っております 最後まとめますが 「ソーシャルメディアマーケティング」 というのは 三つ柱があります 一つ目は絶対に「交流」です これをもうしなくてもいいや と とにかく人集めてきて 申し込みであるとか 購入であるとか 来店であるとか というのを求める ということであれば 別にソーシャルメディアなどを 使う必要はありません 今まで接触の取れなかった 人達としっかり交流を取りたい もしくは 濃いお客さんをしっかりと獲得したい という風に考えておられる企業さんであれば ソーシャルメディアを使って しっかり交流をするべきであって コンバージョンのみを求めているのであれば ソーシャルメディアをやるのは 時間とお金の無駄なのでやらなくても結構です 二つ目です 「交流」が出来たらしっかりと 「誘導」をしていきましょう ということです 交流ができて信頼度が上がれば 「うちで新しい商品を発売しました」 「こちらで詳細見れます」 とリンクを置いたらクリックを してくれるようになります 誘導だけしてたらクリックはしてくれません 交流があっての誘導です 最後です それをしっかりと 「継続」していく ということです この継続というのも難しいのですけど 見ていると しっかり交流をして 誘導が出来ている企業さんは 継続が出来ています なぜかというと成果が出ているから 交流が出来ずに 誘導ばかりしてる企業さんは やめてしまいます 成果がでないので 簡単ですね しっかり交流を深めて頂いて お客様を誘導するという流れを作ってください ソーシャルメディアから来るお客さんは 他の検索連動広告 広告系 SEO 自然検索から来たお客様よりも 30% 40% 売り上げが上がるとか リピート率も2倍3倍になるという データが実際に 僕のお客さんの中でもでてきてます しっかりと運用して頂ければ 非常に有効な媒体ですので しっかりと活用してください このレッスンでは ソーシャルメディアマーケティングの基本 考え方をお伝えさせて頂きました

ソーシャルメディアマーケティングの基礎

このコースではソーシャルメディアマーケティングの基本だけでなく、ユーザーからの反応をたくさん獲得できるその手法も解説し、ネット上の存在感を最大限に高めるための基礎を網羅的にお伝えします。各ソーシャルメディアアカウントに一定数のファンがいるものの、それらを有効に活用しきれていないとお考えの企業担当者・中小企業経営者・個人事業主の方などに適したコースです。

3時間18分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。