ソーシャルメディアマーケティングの基礎

誰に、何を伝えるかを決める

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
ターゲットを明確に決めてコンテンツを作成すると、より「伝わる」メッセージとなります。
講師:
04:10

字幕

このレッスンではソーシャルメディアで 誰に何を伝えるか― しっかり決めましょうというお話を させて頂こうと思います 誰に何をという所なのですが 具体的にみなさんの商品やサービスを 使ってくれるお客様なのか 今使っていただいている層のお客様ではなく ちょっと違った層を狙うのか いろいろあると思います そういう時にこれをきっちりと考えて― ソーシャルメディア全体を運用していく ことも第一ですし 1つ1つの投稿を考えて頂くことも 非常に大事なので― 考え方をここではお伝えさせていただきます まずソーシャルメディアで情報を作る時に 考えて頂きたいのは どんな年代の人に伝えるのか 男性に伝えるのか女性に伝えるのか どんな職業の人なのか 職業が当てはまらなければ― どういう人なのかという所を しっかり考えてやって頂きたいと思います もっと言うとどこに住んでいる人 だとか いろいろ項目がでてくると思います そういう所をきっちり決めて投稿コンテンツを 作っていきましょうという所です 例えば 「20代前半~半ば」の「男性」 の「ビジネスパーソン」 こういう人にメッセージを発信していこう という形でソーシャルメディアを運用する等 「30代」の「女性」 「小さなこどもあり」 という所のお母さんにむけての メッセージであったり交流ネタ というのを作っていく意向であるとか 「10代後半~20代」の若い方 「男女」「学習意欲旺盛」な人にむけて― なにか教材的なもの 語学の教材などが良いのではないでしょうか を発信していこう等 このようにきっちりとターゲットを決めて やってほしいと思います ただ いままでお伝えした所の 年代 男女 職業 特徴など― を考えながらコンテンツを作っていくのですが 本当はもっと絞り込んでほしいです もっと細かく絞り込めということではなくて イメージとしては例えば― 学生の時に同じクラスだった あの子に向けてのメッセージであるとか この前購入をしてくれた あのお客様 〇田〇男さんです 実名までイメージをして作る 実名をイメージしてこの人にむけてでも 恥ずかしければ言わなくても良いので 投稿コンテンツを作るときにあの人に向けての メッセージだということを考えながら― 作って頂くと伝わるメッセージになります 多くの人の前で問いかけられた時に 答える確率と 目の前の人が問いかけてきた時に 答える確率というのは 後者のほうが絶対に多いはずです ネットなので多くの人に語り掛けていることは 間違いないのですが まるで目の前にいる人が問いかけているような 文章 コンテンツを作ることによって このソーシャルメディアの本筋である この交流というのが活性化する という形になりますので ここをイメージしながら投稿コンテンツ それと Facebook ページ全体 Twitter ソーシャルメディアの運用を していただければと思います このレッスンではソーシャルメディアでは 「誰に」「何を」伝えるのかという所を 考え方をお伝えさせて頂きました 単純に 誰に 何を 年代 性別 職業 特徴 だけでなく 具体的に誰かをイメージして投稿文は 作ってくださいという形です

ソーシャルメディアマーケティングの基礎

このコースではソーシャルメディアマーケティングの基本だけでなく、ユーザーからの反応をたくさん獲得できるその手法も解説し、ネット上の存在感を最大限に高めるための基礎を網羅的にお伝えします。各ソーシャルメディアアカウントに一定数のファンがいるものの、それらを有効に活用しきれていないとお考えの企業担当者・中小企業経営者・個人事業主の方などに適したコースです。

3時間18分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。