ソーシャルメディアマーケティングの基礎

投稿できるコンテンツを洗いだす

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
自社であればどんなコンテンツを作ることができるのか、ジャンルに分けて考えてみましょう。
講師:
09:53

字幕

このレッスンでは投稿するコンテンツを 洗い出すという所をやるんですけども 私が何故このレッスンを 作ろうかと思ったかというと よくご相談を受けた時に こう言われるんです 「投稿するネタがありません」 「投稿することがありません」 そんなことないです たくさんあるはずです このレッスンではそのたくさんあるものの 引っ張り方を言うわけなんですけど それとよく言われるのが 「うちの会社 特殊なので なかなか他の普通の会社と違って― コンテンツ だすようなものがないんです」 と言われるんですけど そこは安心して下さい すべての会社が特殊です 特殊だからこそみなさんの会社は それぞれ成り立ってやっていってるわけで 他の会社と一緒だったら 会社自体が成立しないです 大丈夫です すべての会社が特殊です いろいろな企業の方が これを言われます 本題に入ります ネタの探し方なんですけれども まずネット上でしっかりと検索をしてますか ということです みなさんのビジネス サービス 商品名 で検索をした時に 結構みなさんのことをソーシャルメディア上 ネット上 ブログとかで よく言ってくれてる人はいます そういうものを見つけてきて 「嬉しい」 と 一言コメントを付けて投稿するだけでも 1つの投稿になるわけです ネットのニュースです みなさん業務周りの情報というのを インターネットのニュースで見ておられる方 結構いらっしゃると思います ではそのニュースは 自分で見ているだけではなく 人にも お客様にも 将来お客様になるであろう人にも 発信できるコンテンツは 絶対にあるはずです そういうものも投稿のネタにしていきましょう ということです であるとか あとデスク周りです 例えば今皆さんが会社でこれを 見ておられるとしたら 皆さんの目の前にあるパソコンというのは 最新型ですか 何年も前から使っているやつですか 何年も前から使っている機種だったら 結構ときどき止まったりしませんか 今日はご機嫌斜めだけれど 頑張って資料を作っています と これが投稿コンテンツになりますよね とかいろいろあるわけです あと会社の外 一歩でた所に 例えばおいしいお店があるとか 昨日台風が来て 葉っぱがいっぱい散らばっているので みんなで掃除をしていますとかですね いろいろ一歩出てもあるわけです いっぱいあるわけです ちょっと羅列をしてみますと まず 「商品 」とか「 サービスの情報」 あと 「企業情報」 です これはいつもホームページやウェブサイトで されていることなので 簡単に出せると思います あと あまりソーシャルメディアのネタとして 皆さんが思いつかれないのが この下の8つです 「ニュース」 「業界関連情報」 「お天気」 「巷で話題になってること」 「お客様の声」 「食事」 「仕事風景」 「マスコットキャラ」 マスコットキャラなんかも 商品と一緒に–– 画像にして見せたりすると非常に効果的で かわいいキャラだったら そのかわいいというだけで いっぱい反応がとれたりしますので こういうのは有効に使っていただけたら と思います 例えばどういうふうにやっていくか という所なのですが これ企業情報ですね こいういうのは皆さん もしかして されてるかもしれませんし こういうのがあるんだという方は 真似して欲しいんですけども 例えばうちの会社で 今度セミナーをやりますとか うちの会社で 今度新しい商品を出しますとかです 新しい商品を出したところ 売れ行き好調ですとか この企業の情報というのを出していく というのはどんどんやっていきましょう これは言われなくてもできますよ という所があれば次 見て下さい 「仕事風景」ですね 今ここでサンプルに出している奴は 私が講演会の前に控室をご用意頂いて そこで準備をしている所 なのですけれど とか 皆さん会社であればオフィスの中で もちろん見せたらダメな部分 機密的な部分というのは おありかと思いますけれど 意外と別に外の人が見ても大丈夫な部分 というのはありますよね そういう所を見せてあげると お客さんというのは 普段自分がお客様として接している状態では 絶対に見れない所というのは 凄く喜んで反応してくれる傾向がありますので いろいろ皆さん今周りをどこか ソーシャルメディアのネタになるものはないか と思って見てみて下さい 結構あるはずです これは 「業界関連情報」 ということで 私の場合はこういうソーシャルメディア関係の お仕事をさせてもらっていますので 多分ソーシャルメディアとか インターネット関係のお仕事をしてない方より そういった情報というのは見てるはずです それでこれは他の人 一般の方にも伝えるべき情報なのではないか という時はブログに書いたり そのままここに掲載をして こんなことが起こっています ということを伝えたりしています 皆さんも自分のお仕事の関連情報というのは 一般の方よりも絶対に見ているはずなので そういうものはどんどん出してあげる この業界はこうなってるんですよ こんなサービスが出てきてるみたいです みたいなことを言ってあげると 「そうなんだ」 というふうに 見てくれるということです これもそうですね このネタは Facebook のエッジランク低下に 負けないためにということで これはよその僕がやっているのではない 全然関係ないサイトを見つけて これを一言付けて紹介をしている という形です これだけでも1つの投稿ネタになる ということですね 他に軽い所でいくと 「お天気」 今日は雨ですね 寒いですね と言ってるだけです これも1つ 特に Twitter などは さらっとこういうものを挙げて頂いたら 自分のアイコンが そこで露出することにもなりますので 非常に有効にはなってきます ここで 雨です 寒いです だけではなくて 今日は厚着をしてきましたか 準備はどうですか ということを聞くと そこに対して またレスポンスが来たり ということも起こりますので お天気というのは 結構お天気が良くても悪くても 普段の会話でもリアルで会った時に 今日寒いですね とかおっしゃるはずですね では Twitter Facebook でも やりましょうということです Twitter Facebook というのは インターネットの中にあるものなので 皆さん構えるのですが リアルな会話をネット上で たまたまする所なんだ という考え方でやって頂くと 結構こういうようなネタというのは 作ることができjます あと 「巷で話題になっていること」 こんなのは井戸端会議ですよね これも基本的にはネットで見つけて わっと盛り上がっているようなことを― 引っ張ってきて出しているわけですけれど どんな人でも好むようなネタ 興味を持つようなネタ ということであるとか 運用の担当をしている方が これ面白い と思ったネタは別に普通に投げてもらう ということですね ということをしていただければと思います あと 「ニュース」 ですね 一般的なニュース これは地震が起こって僕がその時に 気づかなかった ということを書いています こういう情報もだしていくと 普段狙っていないターゲットの方も 見てくれたりするようになるんですよ なのでこういう一般的なニュース このほかで言うと例えば他に 今 何々線 電車が事故で遅れているみたいですよ と 気をつけて下さいね みたいなことも 投げていったら良いかと思います 基本的に我々ソーシャルメディア仲間の中では 揺れたらつぶやけ と 地震だ と つぶやけというのがあります その時に地震だとつぶやくことによって いろんな人がこの地震というワードで 検索するので 自分のアカウントもまた露出できる ということがあったりしますので 地震とかはあまり大きいと 気を付けて頂かないといけない... 発信の仕方にです ...とかあるのですが こういうものも投稿のコンテンツになるんだ ということをご理解頂けたらと思います ざっと見てきましたが こういうもの いろんなものがネタになります この他にもあるかもしれませんが ネタがないというのであれば 一回この項目と 今見せたスライドの数々を見て頂いて じゃ これを今日のコンテンツにしよう Twitter にお天気の話を投げてみようとか 思って頂ければ投稿のコンテンツがない ということはないはずです 私がコンサル入らせて頂いてる所で 最初はそうおっしゃってても この話をすると何もなく 普通に運用ができるようになられますので みなさんもやって頂ければ絶対にできるはず ですのでやってみてください このレッスンでは投稿コンテンツ 投稿ネタを洗い出す方法というのを お伝えさせて頂きました

ソーシャルメディアマーケティングの基礎

このコースではソーシャルメディアマーケティングの基本だけでなく、ユーザーからの反応をたくさん獲得できるその手法も解説し、ネット上の存在感を最大限に高めるための基礎を網羅的にお伝えします。各ソーシャルメディアアカウントに一定数のファンがいるものの、それらを有効に活用しきれていないとお考えの企業担当者・中小企業経営者・個人事業主の方などに適したコースです。

3時間18分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。