ソーシャルメディアマーケティングの基礎

Youtube動画をソーシャルメディアで拡散する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
Youtube動画をTwitterやFacebookに転載し、ファンに拡散させましょう。
講師:
10:34

字幕

このレッスンでは Youtube 動画を ソーシャルメディアで拡散する ということで Youtube の動画を Twitter とか Facebook に転載して ファンに拡散させる方法を お伝えしようと思うのですが どうせならこの Youtube を核にして より有効に Twitter とか Facebook と 結び付けながらやりたいと思います まずこの Youtube ですが アップロード動画をする前に 2つやっておいてほしい準備があります Twitter の画面を開けます Twitter にログインをしておいて下さい 特に他にすることはないのですが Twitterに入った状態で 同じブラウザで操作をして下さい もう1つ Facebook Facebook はこの転載をしたい Facebook ページを開けておいて下さい この2つの準備だけして頂いておいて Youtube に戻ります 画面右上に 「アップロード」 というボタンがありますので こちらをクリックします ここでアップロードするファイルを選択をして アップロードする動画を選択 「開く」 をクリックします そして必要項目です (タイプする音) このタイトルなども どうすれば検索されるのか などを考えながら やっていただくと良いかなと思います Youtube というのは Google の中のコンテンツですので 検索には非常に強くなっています 特にタイトル部分です 考えながらつけて下さい 必要項目をまずこのように入力します ここの詳細の部分なんかはもうちょっと 詳しく書いて頂いても結構かと思います 詳細を入れた後に1つポイントは Facebookをもう1回開きます この Facebook ページの URL これを指定して右クリックでコピ―して下さい そして Youtube に戻ります ここで Enter で改行して 今コピーしたリンクを貼り付けます この状態にしておいて下さい あとタグなんかも検索を考えながら (タイプする音) 入れながら一通り入力が 終わったら 右下 この Twitter のマークに チェックが入っていることを確認して下さい ここにチェックを入れておくと アップロードしたと同時に この Twitter のほうに 今アップした動画も転載される という形になりますので チェックしておいて下さい 入力項目としては 「タイトル」 タイトルですね 「詳細」 ここには必ず Facebook ページへのリンクを 忘れないようにコピーしておいて下さい これは Facebook ページでなくても ソーシャル絡めなければ あなたのサイトとかブログでも構いません この動画から飛ばしたいサイトを ここに貼り付けておいて下さい そしてタグを入力して Twitter の マークにチェックを入れている この状態で 「公開」 ボタンをクリックします これで基本的には 公開は終わりました まずこのリンク 「動画は http://youtube... で公開されています」 というふうに表示されるので ここをクリックしてみましょう 今アップした動画が公開されているわけです (路上電車の走る音) ちょっと下に降ります 下にずっと降りると この 「概要」 という所を クリックして下さい 最初ユーザーはこの 「概要」 という画面を見ているのですけれど ここに先程貼り付けた Facebook ページのリンクが 1クリックでそのページに 遷移できるようになっています これをクリックします 当然ながら先程の Facebook ページが開くわけです こういうふうにして Youtube から Facebook への 動勢がここに一つできているわけです あそこにコピー リンクを貼り付けていなければ この動勢はできないわけなのですけれど 貼り付けておくことによって 1つ動勢が確保できた という状態になります もう1回 Youtube に戻ります いちばん上まで戻ります もう1回再生を押しておきます (路上電車の走る音) こういうふうに再生ができるように なっているのですが これが Twitter に行ったら どういう状態になっているのか ということを確認してみましょう Twitter を開きます そうすると ここに 「グラーツ 路面電車 動画」 というのが見えてます ページダウンで下がりますね そうすると そこにはもう大きく 画面に表示されていて 真ん中に再生ボタンが付いています これをクリックします (路上電車の走る音) 当然これも動画が再生される という形になっています これは今アップする時に Twitter のチェックマークを入れて アップしたので こういうふうに流れるように なっているのですけれど ケースによっては 動画をアップする時には Twitter に転載を設定をしていないで 後でまた Twitter にあげたい という時があると思います そういう時は Youtube に一度戻ります 先程の動画の画面なのですが 下にずっと行って頂いて 「共有」 これをクリックします そうすると この動画を共有という所で Twitter Facebook Google+ とあるのですが この Facebook は 個人のページにしかとべないので ここでは使わないでください この動画を共有で Twitter を クリックします Twitter にどういうふうに投げますか と出ますので 例えば Youtube に動画をアップしましたと (タイプする音) こんなふうにいれて 「ツイート」 をクリックします 今ツイートが投稿されました ということで Twitter で確認しましょう と出ています クリックします これは今 転載したものですね だから後でもこうやって 転載することは可能なので アップする時にチェックし忘れたとか 以前にアップした Youtube 動画を 再度 Twitter にアップしたいとか そういう時には今の機能 Twitter ボタンを押して転載をする という’機能を使っていただければ いいかなと思います Twitter は一旦ここで閉じます Youtube に戻ります あと Facebook に 転載をする時ですが 一度最初の画面に戻ります この画面を最初 動画では見ているわけなのですが Twitter に転載する時と同じように 「共有」 をクリックします この動画を共有ということで この動画のリンクがここに貼ってあります これを指定してコピーします そしてFacebook のほうに移動して いつもの最近どんなことがあった という所に ...動画をアップしました... (タイプする音) と打って今のコピーした URL を 貼り付けます そうすると Youtube 側で この Youtube の画面を読み取ってくれて ちょっと下に移動します こういう表示になります このまま 「投稿する」 をクリックすると このまま 「 Youtube に動画をアップしました オーストリア グラーツの路面電車です」 という形で動画の再生ボタンが ここに表示されます これをクリックすると この Facebook の画面上で この Youtube の動画が再生される という形になりますので このような転載の仕方をして Facebook とか Twitter と 絡めて頂けたら と思います この転載の所はこのように コピーをしたり 転載ボタン それぞれ Youtube にあるー Youtube に戻ります このボタンとか使っていただければ 良いのですけれど ポイントはアップする時に 「概要」 に行きまして このリンクを必ず貼っておく ということです 誘導したい先 今回は Facebook ページにしましたけれど 誘導したい先のリンクをこうやって 貼っておくことによって Youtube に入ってきた人を どこかに連れていくということができますので 必ずこの Youtube を見ただけで 終わらせない工夫を 1つ付けておいて頂ければと思います このレッスンでは Youtube 動画を ソーシャルメディアで拡散する 有効に接続ポイントを持たせながら 転載する方法をお伝えさせて頂きました

ソーシャルメディアマーケティングの基礎

このコースではソーシャルメディアマーケティングの基本だけでなく、ユーザーからの反応をたくさん獲得できるその手法も解説し、ネット上の存在感を最大限に高めるための基礎を網羅的にお伝えします。各ソーシャルメディアアカウントに一定数のファンがいるものの、それらを有効に活用しきれていないとお考えの企業担当者・中小企業経営者・個人事業主の方などに適したコースです。

3時間18分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。