ビジネスのためのFacebook

Facebookページの効果を読み取る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
Facebookページの効果を計測するために、チェックしておくべき項目を理解しておきましょう。
講師:
10:30

字幕

このレッスンでは Facebook ページ インサイトをみながら しっかりと効果を読み取る方法を お伝えします というかしっかりと インサイト機能の中には色んなデータが 見れるんですけども効果を上げるために 何を見ておくべきかというところを お話しさせていただきます まずインサイトに入るんですけれども Facebook ページの上の 「インサイト」これをクリックします そうすると Facebook ページ内の 色んなデータが見れるんですが よくみなさんご覧になられるのが この「いいね」というところ ファンですね ファンの増え方がどうなのか というところをご覧になられてます もちろん 例えばあなたが企業のご担当者で 上の方からファンの数をひとつの目標にしてると 例えばファンを 5000 人目指しましょうとか 1万人目指しましょうとか 目指されている場合はこれも チェックするべきなんですけども こういう風に出っこみ引っ込み 上がったり下がったりということが あるわけなんですけども 正直ファンの数っていうのは なかなかいい投稿を しているだけでは増えません どうやって増やすかというと 外から引っ張ってきたり 一番効果があるのは「いいね」を獲得する ための広告であったりとかするわけです なのでにファンについては「いいね」を 獲得するための広告で しっかりと獲得をしていくという風に 割り切っていただいてもいいんじゃないかと お伝えをしてます じゃあ何を見ていくのかと いうとこなんですけども このメニューで言うと「投稿」のところ ここを日々チェックしてください 曜日ごとのアクセス数であるとか 色々出ているんですけども 一番見ていただきたいのは… ちょっと下に下がりますね ここですね 投稿ごとにこういう風に反応が出ています 今ですね 1 2 3 4 5 6 7 直近7投稿分が こういう風に表示されていますが 「もっと見る」というのが下にあります ここを見るとどんどん昔の投稿を 最後まで行くと全部見ることができます まず何を見て欲しいかというと これをぱっと見ていただいて このページの内容を見ていただけたら 分かるかと思うんですけど すごくいい投稿とあまり反応がない投稿 というのが分かりますよね 例えばこの一番上のこの投稿 リーチが 2.7 K って書いてますので 1K が 1000 です 2700 人ほどの人に届いて 交流度が 投稿のクリックが 544 あって いいね コメント シェアが 109 もらってました その前の投稿は全然ですよね リーチが 482 交流度が投稿クリック数が5 いいね コメント シェアが8となってます もうひとつその前の投稿が これもリーチが 2700 交流度が投稿クリック数が 291 いいね コメント シェアが 158 となってます 良い投稿 悪い投稿 どんなものが良いのか悪いのかというのを ひとつずつ見てほしいんですね よかった投稿 例えばこの一番上の投稿は どんな投稿だったのかな というのはここをクリックするとわかります クリックしますね こういう投稿でした ファンの反応 どういう風に反応したかというのも 数値になって出ています まずここですね 275 人にリーチしました リーチって言うのは とにかくこの投稿を Facebook ページに 来て見た人もそうですし 自分のニュースフィードにこの投稿が 上がってきた人もそうですし とにかく 275 人の人がこの投稿を 見たということになっています 右側の数値なんですけども リーチした人の数が 2677 ちょっと誤差があるんですけども これは計測するタイミングによって 数はちょっとずつ変わってきますが だいたい 2700 ぐらいリーチしましたよ ということです いいね コメント シェアが 109 ありましたという形です 内訳は 99 がいいね 6がコメント 4がシェアという形なんですけども その内訳がこのラインから右に書いてます この「投稿」というところですね この Facebook ページの投稿自体に どれだけ反応があったのかというところです この投稿には いいねが 17 付きまして シェアが3つありましたという形です シェアの先ですね 3人シェアしてくれてるんですけども この先で これだけのことが起こりました ということです シェアしたこの3人の人のところに いいねが 82 付きました そこからコメントが6件得られました その先で1シェアがありましたということです 合計すると 一番上のところに戻ります 2677 人にリーチして 109 のいいね コメント シェアが ありましたという形で 読み込んでいただければと思います Facebook ページだけを見ていると この数しか見れないんですよね 表から見ていると でもインサイトの中で見ると シェアした先でどんどん 拡散していってるってことが この数値を見ればわかります あと 544 クリック数というのがありますが 特に見ていただきたいのは このリンクのクリックですね この投稿はこういうリンクを 載せてるんですけど このクリックを何人がしてくれたか 182 人の人がリンクをクリックしてくれた という形になってます つまり182 人の人が リンクをクリックしてくれた この投稿を見たのは 2677 人ですよ ということで 約 6.8 %の人がリンクをクリックして くれているということになるわけですね じゃあリンクをクリックさせるためには 例えば 182 人に クリックしてもらうためには 2700 ほどのリーチが必要だと じゃあ倍にしたいのであれば 単純にリーチを倍にしないといけない じゃあどうするかというところなんかも ここを見ながら考えるわけですね 色んな人にシェアをしていただくって いうのもひとつですし この投稿を広告にするっていうのも ひとつですし色々手段はあるわけです ただどうしたらどうなるかっていうのが 明確に見えてくるんですよね というところもありますので しっかり投稿の解析 数値をチェックしておくようにしてください 最後ですね 下のところ 「否定的な意見」これも入っています 否定的な意見と言ってもコメントで 否定的なものが入ってくるわけではなくて 例えば「投稿を非表示」この投稿を見て もう自分のニュースフィードに 上がってこなくていいやということで 非表示の設定にした方が1人いらっしゃる ということですね その他「全投稿非表示」もうこの Facebook ページからの 表示はしなくていいという動きを する人がいたりとか 「スパムとして報告」 あまりに気分を害する投稿だと スパムとして報告がされてそれが多くなると アカウントが停止されるということも 起こるケースもあります とか「いいね取り消し」ですね ファンになっていてくれた人が この投稿を見ていいねを取り消した ファンをやめたというものなんかも見えます これって多かれ少なかれ必ず どのページでもついてくるものでして これはあるからといって わざわざガックリしなくてもいいです ただあまりに多いようだと なぜそうなったのかということは しっかりと検証してください ここでペケを押します 元の画面に戻りますね こういうのをいい投稿 悪い投稿で どういう動きがあったのかというのを 見ておくことによって あなたのページのファンが どういうものを求めているかというのが 分かります そこで「いいね」を見るわけですね どんな人がいるのかというところですね いいねのところで下を見ると こういう増えたところはいいんですけども 減ったところは何か変な事してなかったかなと その日の投稿を振り返ってみるとかですね あと「利用者」のところですね このページにはどんなファンがいるんだろうと こういうファンが多いから ああいう投稿が響くんだなというのを 考えられますし 狙ってない ここにいない人向けの投稿をして そういうファンを集めてくるというところも 投稿のアクセス解析を見ながら やる事もできるという形になってきます なので Facebook ページ同業他社 同じ商品を扱っている 他の企業さんと同じ事をしても 全然ダメだったりします その企業 その商品 そのサービス特有の動きというのが 投稿の分析を見てみると 必ず出てきますので 確実に 毎日投稿をしたら投稿の分析を見て しっかりとこのページのファンは 何を求めているのかを理解しながら 発信するコンテンツを精査して いただければなと思います このレッスンでは Facebook ページの インサイト機能を使って Facebook ページの効果を読み取る手段 方法をお伝えさせていただきました

ビジネスのためのFacebook

このコースではFacebookの基本操作のみならず、ビジネスで活用するうえでの目標設定や運用方法について解説します。また、Facebookの効果数値をエクスポートし、エクセルファイルに変換する手順など、運営担当者や管理者の方にとって有益な各種情報もお伝えします。自分のFacebookページ(ビジネス用アカウント)を実際に作成して、成果を計測してみましょう!

2時間40分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
発売日:2014年06月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。