写真家のためのPhotoshop基礎教養

ステータスバーについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画面の下部に様々な情報を表示する「ステータスバー」について解説します。
講師:
05:28

字幕

このビデオでは Photoshop の ステータスバーについて解説します ステータスバーという場所ですが この Photoshop の画面の 一番下の列のこの右端の方 今「50% ファイル: 4.29M」と 書いてあるこれです この部分がステータスバーです もし今この動画をご覧になっていて ここが見えないという方 ご自分のパソコンのマウスのポインタが 動画の上に載っていたら そこから外してみて下さい この動画の再生コントロールが 表示されていると 一番下のステータス部分が 見えないことがあるので 試してみて下さい そうすると「50% ファイル: 4.29M」 と書いてあるのが見えると思います これがステータスバーです この部分ですが 様々な情報を表示する所です まずこの「50%」という所ですが 今ここに表示されている 写真の拡大率です こういった画像のファイルは かなり大きいサイズのものもあるので 画面に表示しきれないものもあります そういった場合に縮小されて 表示されるので 今オリジナルサイズの何%になっているか ここに表示されています 例えば今50%となっているので 丁度半分のサイズですけど このツールのメニューから 虫めがねのマーク ズームツールと言いますが これをクリックして選択して これをクリックするとどんどん 拡大されます クリックして行くと 100%となりました 表示ははみ出していますけど これが全く縮小していない 100%の大きさです 100%以上になると どんどん大きくすると 画像を構成しているギザギザ ドットが見えてきてしまいます では ズームアウトする時ですが Mac は Option キー Windows は Alt キー それを押すと このポイントを見ていて下さい 今「+」になっていますけど Option キーか Alt キーを押すと 「-」になるんですね この状態でクリックすると どんどんこんな感じで 小さくなります こんな形で拡大・縮小できますが そのときの表示倍率を ここで出せるんですね ギザギザが見えるという場合では 100%以上になっていないか そんな形で確認できます もう1つ 今その隣に出ている 「ファイル: 4.29M」 メガという所ですが これはファイルのサイズを表しています 今 4.29 M/4.29M となっていますけど これはこの画像を圧縮していない形式 普段皆さん よく 例えばインターネット上で使う― JPEG というファイルは圧縮 ファイル容量を小さくしてあるので この数字より小さくなるんですけど 例えば BMP という形式とか Photoshop のファイル形式 psd で保存すると この画像を保存すると 4.29MB になると それを表しています これはなぜ2つあるのかと言うと Photoshop にレイヤーという 機能があって この1枚の画像の中に 何層も重ねることができます 詳しくは又別途解説しますが ちょっとやってみると 例えばこの今レイヤー この画像がある部分を右クリックして 「レイヤーを複製」としてみると 同じ絵が2枚になっているので 重なっていてわからないですけど これで見ると このレイヤーが2枚ある状態が保たれると 8.58M になる 丁度2枚あるので倍ですね それを1個にくっつけて これを1枚の画像として見ると 4.29M になると そんな形でファイルの容量が 表示されています この部分なんですが この三角形をクリックすると 色々な項目が出てきます 例えば「ドキュメントのサイズ」を選ぶと 違うものになりました これが今 105.83 x 70.56 ミリ と なっていますけど これは印刷した時に横が 105 ミリ 縦が 70 ミリになると いった数値です これは解像度によって変わるんですけど こんな風な項目を出したり あと この「現在のツール」を選ぶと 今ズームツールと出ていますね 例えばこれを持ち替えると 長方形選択ツールとか クイック選択ツールとか 今選んでいるツールが何か 表示してくれます このように現在の状態というのを 表示してくれるので 例えば「ドキュメントのサイズ」は ずっと表示してこなくても 必要な時だけ見ればいいので 普段は「ツールの名前」にしておくとか 又はファイルのサイズがどれ位に なったか表示しておくとか これもお好みや作業の状態によって 切り替えていくと便利です ちょっと地味ですが 特にこのズームの倍率の部分が 大事になってくるので ステータスバーですね ここも覚えておいて下さい

写真家のためのPhotoshop基礎教養

今やプロ・アマチュアを問わず、すべての写真家にとってPhotoshopは必要不可欠なツールです。このコースでは各種ツールの使い方や調整レイヤーを使った色や明るさを調整する方法、画像のトリミングやカラーモードの設定、さまざまなメディアへの書き出し方などを学ぶことができます。

2時間15分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年08月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。