写真家のためのPhotoshop基礎教養

ファイルを開く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作業開始時に、写真などのファイルを開く操作をなるべく効率よく行う手順を紹介します。
講師:
02:50

字幕

このビデオでは photoshop で 画像を開く時の操作を解説します Photoshop で特に写真の加工を行う場合 まず最初に画像のファイルに 写真を開いてあげる必要があります まず一番オーソドックスな方法なんですが 「ファイル」のメニューから 「開く」とやってあげると このようにファイルを開くの 画面になりますので そうすると基本的に この選択対象というのが 「すべての読み込み可能なドキュメント」 となっていると Photoshop で読める形式が 全部表示されますので フォルダなど指定していきながら 開きたい画像を選択して そして「開く」とクリックすれば このように開くことができます で加工を行って 保存して閉じるときには ここのファイル名の横の「✕」 これをクリックすれば 閉じることが 出来るという仕組みになっています これでも良いのですが 画像を開くという操作 かなり頻繁に行いますので なるべく手間を省いていきたいと思います では幾つかのバリエーションの 操作を解説します まずこのファイルのメニューを もう1回見てみると さっきの開くの項目の 右のほうを見てみると 何やら記号が付いています これはキーボードショートカット というものでして この組み合わせのキーボードのキーを押すと このメニューを選んだのと 同じ動作をするという 記号なんですね 今これ Mac で解説していますが Mac の場合には このマーク ⌘ = Command キーを表します Mac の Command キー それと キーボードのアルファベットの O ですね それを同時に押すと 「開く」と同じ動作となります Windows の場合は Command キーの 代わりに Ctrl キーとなります Ctrl+O で「開く」という動作になります ちょっとやってみましょう これは Mac なので Command を押しながら O を押すと 同じですね 同じように これが開いて ファイルを開くことができます さっきはこっちを選んでから 「開く」のボタンを押しましたけど これ1個だけで開く場合には このファイル自体をダブルクリックしても そのまま開くことができます これでショートカットを使って 大分速くなりますね もっと速い方法も実はあります 一個もこの画像が開いてない場合 この場合には この何もない所を ダブルクリックしても 実は同じように このファイルオープンになりますので 同じように 写真を選んであげれば このように開くことができます こういった画像を開く操作はかなり 頻繁に行うので なるべくその時一番手っ取り早く 行えそうな操作で行ってみて下さい

写真家のためのPhotoshop基礎教養

今やプロ・アマチュアを問わず、すべての写真家にとってPhotoshopは必要不可欠なツールです。このコースでは各種ツールの使い方や調整レイヤーを使った色や明るさを調整する方法、画像のトリミングやカラーモードの設定、さまざまなメディアへの書き出し方などを学ぶことができます。

2時間15分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年08月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。