写真家のためのPhotoshop基礎教養

表示のオプション

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
表示に関するオプションを設定します。
講師:
04:55

字幕

このビデオでは Photoshop の表示に 関するオプションについて解説します この「表示」のメニューを使うと Photoshop の全体の表示に関する 様々な設定が行えます まずこの表示メニューの中の 「スクリーンモード」について紹介します 立ち上げた最初の状態では 「標準スクリーンモード」になっています Mac ではここに このウィンドウのバーが表示されて 上にメニューがあります こういう状態になっています ウィンドウとして Windows もそうですけど 独立した状態で Photoshop が存在しています このスクリーンモードを 「メニューつきフルスクリーンモード」に 変えるとどうなるかと言うと この独立したウィンドウの タイトルバーがなくなって すべて全画面 Photoshop になりました だけどこの上のメニューはあります Windows でも同じような表示になる筈です これがまず1つです もう1つ スクリーンモードを 「メニューなしフルスクリーンモード」にすると このような警告が出てきます 「パネルが非表示になります Tab キーを押すと表示されます」 このような注意書きが出てきます 「フルスクリーンモードから戻るには F キーまたは Esc キーを押します」 という紹介が出ています フルスクリーンをクリックしてみると 何もなくなってしまうんですね さっきの表示に従って Tab キーを押してみると このように出てきます まだメニューはないですね もう1回 Tab キーを押すと引っ込みます 周りが黒くなるので 画像の明るさが見やすいという そういうモードになります ここから抜けたい時には Esc キーかキーボードの F を押します Esc を押してみましょう すると このように抜けることができます そして「表示」では標準に戻っています これで Tab を押すと またパネルも出てきます こういう形になっています これも作業の段階に合わせて 1番見やすい所で選ぶことができます もう1つ重要な所として ズームに関する項目があります ズームに関してはズームツールで 拡大・縮小を行うことが多いのですが ここのメニューを使うと 「ズームイン」「ズームアウト」から やることもできますし 「画面サイズに合わせる」を選ぶと 今表示されている画面の大きさに合わせて 縮尺 52.98 という 中途半端になっていますけど 丁度ぴったり切れる部分がないように 表示を直してくれます もう1つ「100%」とあるんですが これは拡大・縮小のない 完全な100%の画像を表示します これはドット・バイ・ドットと言うんですけど この拡大・縮小をしていると 点の集まりをどこか間引いて 表示しているので 少しだけ実際と違う荒れ方をしたり する場合もあります そんなときに100%にした時に 画像荒れが本当に 起きているのかを確認する場合 この100%表示を使います 「200%」を選ぶと 更に拡大した状態ですね こんな風になっています これを更に拡大していくと こんな形で コンピューターの画像というのは 点 ドット ピクセル いろんな言い方がありますけど それの集まりだと分かると思いますが これが1つ1つの境界が分かりやすいように 今白い溝ができています これは「表示」の「表示・非表示」の 「ピクセルグリッド」です これがオンになっていると このピクセル毎の境界が分かるようになります その他に 「グリッド」とか レイヤー毎に境界線を描いたりと いった表示のオン・オフができます 今ズームツールを選んでいると 上のオプションの所にも 例えば「画面にフィット」をクリックすれば 同じことになったりとか 画面サイズに合わせます こんな形で調整することも可能です そのような画面の表示に関する所は この「表示」メニューに集まっています

写真家のためのPhotoshop基礎教養

今やプロ・アマチュアを問わず、すべての写真家にとってPhotoshopは必要不可欠なツールです。このコースでは各種ツールの使い方や調整レイヤーを使った色や明るさを調整する方法、画像のトリミングやカラーモードの設定、さまざまなメディアへの書き出し方などを学ぶことができます。

2時間15分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年08月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。