写真家のためのPhotoshop基礎教養

ヒストリーと取り消し

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作業の取り消しとヒストリーの取り扱いについて解説します。
講師:
03:14

字幕

このビデオでは作業の取り消しに 関する機能を紹介します Photoshop で作業を行っていると 今の作業を取り消したいと 思うことがあります そういう時の機能を紹介しましょう 例としてブラシツールを選んでる状態で こんな感じに線を引いたとします この作業を取り消して やり直したいという時 「編集」メニューの1番上 今「ブラシツール」と出ていますが これは行った操作の名前です 行った操作の名前の「取り消し」と 出ていますので これを実行すると なかったことにできます それで やっぱり今のでいいという時 もう1回同じところを見ると 今度は「やり直し」と変化しているので こんな形で復活させることができます このように直前の操作を取り消す 操作を アンドゥ 取り消したのをもう1回 復活させるのをリドゥと呼びます アンドゥ・リドゥです アンドゥ・リドゥはかなり頻繁に使うので いちいち編集メニューを開けてると 手間がかかるので キーボードショートカットを使って下さい Mac では command キー Windows では Ctrl キーを押しながら アルファベットの Z を押すと アンドゥが実行されます 同じ状態でもう1回 command または Ctrl+Z を押すと 今度はリドゥされます このようにキーボードの ショートカットでやると 即座に実行できるのでぜひこれを覚えて下さい 今行ったのは1個だけだったので アンドゥ・リドゥだけでいいんですけど 例えば こんなケースでは 線を1本 2本 3本と3つの操作を 行ったとします この状態でアンドゥするとどうなるかと言うと 1回やると 最後の操作が消えます もう1回やると こっちがリドゥされてしまうので こっちの前に行った操作は残っています ではこっちは もう取り消せないのかと言うと こっちも取り消せます そういう場合には ここのパネルを開けてください 開けると「ヒストリー」というのがあります 今ブラシツールを3回使いましたが その履歴がリストになって残っています この好きな位置をクリックすると その場所まで戻ることができます また戻すこともできます このように複数回の作業を 取り消したい場合には ヒストリーのパネル上で 作業前まで戻って下さい 一点注意が必要です この戻った状態で新たに操作を行うと 今取り消してある履歴はぱっと消えて 今度新しく積み重ねが溜まって行って もう直すことができなくなります この点だけ注意して使ってみて下さい

写真家のためのPhotoshop基礎教養

今やプロ・アマチュアを問わず、すべての写真家にとってPhotoshopは必要不可欠なツールです。このコースでは各種ツールの使い方や調整レイヤーを使った色や明るさを調整する方法、画像のトリミングやカラーモードの設定、さまざまなメディアへの書き出し方などを学ぶことができます。

2時間15分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年08月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。