PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

使用シーンを確認する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スライドプレゼンテーションは「PCの画面上」で行なわれるものではありません。スライドの“使用シーン”をしっかりと確認して、シーンに応じたスライドをつくりましょう。
講師:
02:15

字幕

このレッスンでは プレゼンテーションの シーンについてお話しします スライドがどのようなシーンで使われるのか 確認しましょう まずはスライドの使用シーンを しっかりと確認しましょう そのスライドは「大型ディスプレイ」で 使われるものなのか それとも「プロジェクター」でスクリーンに 写して使われるのか もしくは「PC」や 「タブレット」を使うのか どのような機材でプレゼンを行うかによって スライドの作り方が変わってきます また 「展示会や会社説明会」用のもの あるいは「営業用」用など 用途に応じてプレゼンを組み立てていく 必要があります 展示会や会社説明会 新商品発表会等の場合は 「会場の広さ」や「オーディエンスの数」も 把握しておきたいものです また 「人がプレゼンをするのか」 それともアイキャッチとして 「映像のように使うのか」によっても スライドの作り方は変わってきます 営業用の場合も 「プレゼン風」に 商品を紹介するのか 電子「カタログ」のように使うのかによって スライドの構成は変わります 具体的には「画面サイズ」や「文字の大きさ」 プレゼンの「見せ方」 「仕掛け」等 色んな作り方が使用シーンによって 変わってきます まずは 使用シーンを把握し そこで使われている様子をイメージした上で プレゼンのシナリオをしっかり 作りましょう その後 ようやくパワーポイントで スライド制作が始められます 逆に これらの情報が不足していると ちゃんと伝わるプレゼンにはなりません このレッスンでは スライドの いくつかの使用シーンを見てきました 使用シーンによって スライドの作り方は 変わってきます スライドを制作する上で これは非常に大切なことですので しっかりと意識するようにしましょう

PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

このコースでは、オーディエンスの目を惹くための見やすく美しいPowerPointのスライドを作るための方法をお伝えします。「自分にはデザインのセンスがない」と思っている方でも大丈夫。すぐに使えるデザインやテクニックを豊富に紹介します。「いかにもパワポ」的なデザインから脱却したい方、「もっとおもしろみのあるスライドにしたい」という方は必見です!

2時間54分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。