PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

スライドサイズを設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
一般的なプロジェクターを使う場合と、大型ディスプレイを使う場合では、スライドサイズが異なってきます。スライドをつくりはじめる前に、サイズを確認しましょう。
講師:
04:55

字幕

スライド制作の手始めは スライドのサイズを決めることです このレッスンでは使用用途に応じた― スライドサイズの設定について レクチャーします 最初にスライドサイズを決める 例えば一般的なプロジェクターで プレゼンをするなら4:3サイズ 大型ディスプレイやワイド対応の プロジェクターを使うなら 16:9サイズ 企画書としてプリントアウトするなら A4サイズ といったように用途に合わせた スライドサイズを 最初に設定しておく必要があります では 実際にスライドサイズを 変更してみましょう Esc キーでスライドショーを 一旦終わらせます このスライドなんですけども 現在ワイドサイズ16:9という サイズになっています これのサイズを変更してみます サイズの変更は 「デザイン」タブをクリックして 「スライドのサイズ」をクリック ここに「標準(4:3)」 「ワイド画面(16:9)」と出ていますが 「標準(4:3)」サイズに変えてみましょう これは一般的なプロジェクターですね プロジェクターでスクリーンに投影して 映す時は4:3サイズのものが 今は結構多いです では4:3サイズをクリックします すると「新しいスライドサイズに 拡大縮小します。コンテンツのサイズを― なるべく大きくしますかそれとも新しい スライドに収まるように縮小しますか?」と― いう風にダイアログが表示されます まず「サイズに合わせて調整」を クリックしてみます こんな感じになりました 「サイズに合わせて調整」  横幅が4:3サイズになりました ということはこの天地が ここですね 天地の所が 空いてしまっているんですね ですのでこの場合 この写真を トリミングし直す必要が出てきます 例えばこんな感じで 天地を揃えて 「書式」から「「トリミング」 横幅を合わせる こういう作業が必要になってくる訳ですね 実際にサイズを変更するとなると こういう作業がどうしても必要に なってきてしまいます では Ctrl + Z で戻します では これ16:9なんですけども もう1つありましたね もう1度やってみますね 「デザイン」>「スライドのサイズ」> 「標準(4:3)」に変えますね 次はこの「最大化」というのを選んでみます 「最大化」をクリックすると これ一見何も変わってないように みえますけど 実はスライドの天地は合ってるんですが こんな風に左右がはみ出して しまってるんですね ですのでこの場合も左右を揃える 必要が出てきます Ctrl + Z で戻ります この場合もトリミングですね 「書式」>「トリミング」から この幅に合わせて トリミングをして行く必要があります こんな感じですね Ctrl + Z で戻りますね というように 最初にスライドサイズを しっかり決めておかないと 後で手直しするのがかなり大変になってきます ですので使用真意をしっかり確認して そこで使うスライドのサイズを 最初に決めてしまう― これは非常に重要なことです ではスライドショーに戻ります このレッスンではスライドサイズの 変更方法をレクチャーしました スライドを作った後で スライドサイズを変えると スライドの修正にかなりの手間が かかってしまいます スライドのサイズはスライド制作の前に しっかりと決めておきましょう

PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

このコースでは、オーディエンスの目を惹くための見やすく美しいPowerPointのスライドを作るための方法をお伝えします。「自分にはデザインのセンスがない」と思っている方でも大丈夫。すぐに使えるデザインやテクニックを豊富に紹介します。「いかにもパワポ」的なデザインから脱却したい方、「もっとおもしろみのあるスライドにしたい」という方は必見です!

2時間54分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。