PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

「グラデーション」の背景

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「グラデーション」を上手に使えば、それだけで雰囲気のある背景ができます。「放射状」「線状」のグラデーションを中心に、グラデーション背景のつくりかたを学びます。
講師:
11:46

字幕

グラデーションを上手に使えば それだけで雰囲気のある背景ができます このレッスンでは放射状・線状の グラデーションを中心に グラデーションの背景の作り方を学びましょう グラデーションの背景は汎用的に使いやすく なんとなくいい感じに見せることができます これは代表的な 放射状グラデーションの背景です このように背景色を変えて使うこともできます これが実際の使用例ですね 少し分かりにくいかもしれませんが あまりきついグラデーションよりも この程度の方がプロっぽい見栄えになります ということで放射状グラデーションの背景を 実際に作ってみましょうね では Esc キーでいったんスライドに戻ります では新規スライドで作っていきますね 「ファイル」から「新規」を選びます 「新しいプレゼンテーション」を開きます プレースホルダーは削除しますね では背景なんですけれども スライドマスターに作っていきますね スライドマスターは「表示」タブをクリックして 「スライドマスター」をクリックです ここもプレースホルダーを削除します ここに作っていきます まず「挿入」から「図形」ですね 四角形を選びます スライドと同じ大きさに四角形を描きますね そして図形の枠線をなしにします ここでこの図形を右クリックして 「図形の書式設定」を開きます 「塗りつぶし」の「塗りつぶし」を選んで 「グラデーション」を選びます これがデフォルトで設定されている グラデーションですね まずこちらグラデーションの 分岐点というのがあるんですが この間の2つですね これを削除します クリックして これですね 削除 もう1つクリックして削除します 種類なんですが ここを放射状に変えます 「放射」 方向はこちらですね 「中央から」に変えます そしてグラデーションの分岐点の 左側をクリックして その下の色を真っ黒にします 次にもう1つ 右側の分岐点もクリックして こちらも色を真っ黒にします では左側の分岐点をクリックして 透明度ですね 透明度を 100 に上げます これで真ん中が透明になったんですね 次に右側の分岐点をクリックして 透明度を そうですね 60 ぐらいにしましょう これでオッケーです これで放射状の 透過グラデーションができました ちょっとスライドに戻ってみますね マスター表示を閉じます こんな感じですね こんな感じでグラデーションができます ではこれの色違いも作ってみましょうか もう一度「表示」から「スライドマスター」 こちらのサムネイルですね スライド 先ほど作ったグラデーションの マスタースライドですね こちらを左クリックしたまま Ctrl キーを押しながら下にコピーします このコピーしたものに色を付けますね 色はこちら「背景の書式設定」に 出ていますけれども ここで変えます 色をじゃあブルーにしましょうか こんな感じですね 他の色にしても 黄色とかもいいですね こんな感じになります ではマスターを閉じますね ではこちらのスライドももう1つ サムネイルをクリックした状態で Ctrl を押して 下に引っ張ってコピーします そしてこちらスライド上で右クリックして 「レイアウト」から先ほど作った 黄色いのを選んでみます こんな感じで設定できます ということでいったん スライドショーに戻ります 続きまして― こういう線形のグラデーションですね さっきは放射でしたけれども 今度は線です これなんかは スティーブ・ジョブズが使っていた スライドの背景もこんな感じですよね 実際の使用例はこんな感じになります ちょっとこう奥行きを感じさせるような グラデーションになっていますね ではこれも先ほどと同じ手順で スライドマスターに作ってみましょう スライドショーを Esc で終わらせます 先ほどのスライドをちょっと使ってみましょう こちらですね こちらにまた作ってみましょう では「表示」を押して 「スライドマスター」ですね これも同様にこちらをクリックして 下に引っ張ってコピーします ではグラデーションを作りますね この作ったグラデーションは Delete でいったん消します 「背景の書式設定」もいったん閉じますね ではまず「挿入」から「図形」で 同じように四角を選んで スライドの大きさに四角を書きます 図形の枠線をなしにします 図形の上で右クリックして 「図形の書式設定」を表示させます 塗りつぶしからグラデーションを選びます 先ほど作ったものが表示されていますね ではこれを変えていきましょうか まず種類は今回「線形」です 線形です 方向は「下方向」を選びます そしてグラデーションの分岐点ですね ここに濃い青を設定しますね ではこれぐらいにしておきましょうか もう一方の分岐点もクリックして 同じ色を選びます そしてこの右側の分岐点ですね ここの透明度を上げます 60% ぐらいにしましょうか はい 60% ここから位置を変えていきますね 位置というのは― こちらですね この これが上の方なんですね この濃いエリアをちょっと増やします こんな感じになります 50% まで上げてみましょう こんな感じですね こういう形で先ほどの 線形のグラデーションができます これもスライドに戻ってみますね マスターを閉じます 1つ Ctrl を押しながら コピーしてここで「レイアウト」を選びます 右クリックで「レイアウト」 こんな感じで設定できます ではどんどんいきます 次はこんな感じのグラデーションです ちょっと真ん中が明るくなって いるような感じですね これは実際の使用例です これは放射状のグラデーションも 重ねてあるんですね実は それではこれを作っていきましょうね Esc でスライドに戻ります では先ほどの背景のスライドを出して― また作ってみますね まず「表示」から「スライドマスター」です そして作ってあるものを クリックした状態で Ctrl を押しながら 下にコピーします 今度はこれをちょっと変えていきましょうか これを描いた図形ですね ここで右クリックして 「図形の書式設定」ですね グラデーションになっています 今度はこの分岐点からいきましょうか まずこの位置を左側に戻します そして真ん中に1つ分岐点を追加します クリックすると分岐点ができます これが真ん中になるように― 50% の位置に持っていきます 全部もうちょっと明るめの青にしますね ではこのあたりですかね 一番左も右も真ん中も― この青にします これは線形で方向は先ほどと同じように 下方向になっています ここからこの真ん中の分岐点をクリックして 透明度を上げていきますね これも 50% 位にしましょう こんな感じで一通りできましたが もう1つ最初に作った これですね― この放射状の透過グラデーションを その上に被せます コピーします Ctrl+C でコピーして こちらですね こちらに被せます Ctrl+P (ペースト) そして中心に揃えます こんな感じになります ではマスターを閉じてみますね もう1つスライドを増やして Ctrl を押しながらドラッグですね そして右クリックで レイアウトから選びます はい こんな感じでできました ではスライドショーに戻りますね このレッスンではグラデーションの 背景を作る方法を学びました グラデーションの背景は スライドに奥行きを出すことができます スライドが立体的になることで 表現に幅が出て のっぺりとした紙のようなプレゼンよりも 印象的なプレゼンテーションができます 皆さんもぜひ試してみてください

PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

このコースでは、オーディエンスの目を惹くための見やすく美しいPowerPointのスライドを作るための方法をお伝えします。「自分にはデザインのセンスがない」と思っている方でも大丈夫。すぐに使えるデザインやテクニックを豊富に紹介します。「いかにもパワポ」的なデザインから脱却したい方、「もっとおもしろみのあるスライドにしたい」という方は必見です!

2時間54分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。