PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

奥行きのある背景デザイン

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スライドに“奥行き”を生み出す「立体感」のある背景。スライド上でオブジェクトが浮遊しているような、おもしろい見せ方ができます。立体感のある背景のつくりかたをレクチャーします。
講師:
08:01

字幕

スライドの背景を 奥行きを感じさせる まさにステージのように見せれば スライド上のオブジェクトが より存在感を増します このレッスンでは 奥行きのある 背景デザインの作り方を学びます これが 奥行きを感じさせる背景ですね これは 幾つかのグラデーションを 重ねて作っています これは背景の色違いですね 先ほどのグラデーションと 同じものなんですが 背景の色を変えています このように背景色を変えると 色んな色の奥行きのある 背景グラデーションを作ることができます 早速実際に作ってみましょう Esc でスライドに戻ります では 新規スライドでまた作っていきます 「ファイル」から「新規」を押して 「新しいプレゼンテーション」 このプレースホルダは削除しますね Delete します 背景はスライドマスターで作っていきます 「表示」タブをクリックして 「スライドマスター」をクリック このスライドマスターの プレースホルダも削除します 今回はガイドを表示させて作っていきます まず「表示」をクリックして 「ガイド」をクリックすると マスターにガイドが出てきます このガイドを左クリックで押したまま Ctrl キーを押して下に下げます これを3の位置に持ってきてください クリックを離して ガイドをコピーしました これで準備はオーケーです では グラデーションを作っていきます 「挿入」タブから 「図形」を選んで 四角を選びます そして この上から 先ほど引いた 3分の1までのライン ここまで四角を描きます そして 「図形の枠線」は「線なし」にします そして図形の上で右クリックして 「図形の書式設定」を表示させます 「塗りつぶし」のところから 「グラデーション」を選びます 「グラデーションの分岐点」 というのがありますが この中の2つを削除します クリックして これですね これを押せば 無くなります これもクリックして これで無くなります 次は「種類」です 種類は「線形」でオーケーです 「方向」これを「下方向」にします そして次に グラデーションの色を 変えていきます 左の「分岐点」をクリックして 色を真っ黒にします 同じく右の「分岐点」もクリックして 色を真っ黒にします そして左の「分岐点」をクリックして 「透明度」を 100 にします 右の「分岐点」もクリックして 今度は「透明度」を 80% にします これで1つグラデーションができました 次ですが 今作ったグラデーションを選んで CtrlShift キーを押しながら 下に持っていきます こうやってコピーします そのコピーする先ですが 一旦コピーして この図形の上ですね この上の部分を― ちょうどこのスライドの下の辺に合わせます そして このコピーした図形の下のハンドルを ぎゅーっと持ち上げます この3分の1のラインまで持ち上げます これで基本形は完成です さらにここに放射状の グラデーションを1つ重ねます 同じように 「挿入」から「図形」で 四角形を選んで 画面全体を覆います 線はなし 「図形の書式設定」で 「グラデーション」を選びます 今度は「種類」が「放射」で 「方向」が「中央から」です そして 今左側の「分岐点」が 真っ黒に設定されていますが ここを「透明度」は 100 です そしてこちらの「透明度」を 60% にしましょう これで1つ 放射状の 透過グラデーションができました これを 下のを選んだ状態で 下のハンドルをこの3分の1ラインまで 持ち上げます こんな感じです そして 今作ったグラデーションを Ctrl Shift を押しながら 下にコピーします この3分の1のラインに合わせて 下のハンドルをスライドの下に合わせます さて もう1つ作ります もう1つこれはこの上の グラデーションです これを選んで CtrlShift を押して 下にドラッグします 下の辺に合わせます そして上のハンドルをスライドの 一番上の辺に合わせます これで出来上がりです では マスターを閉じてみましょう スライドで見ると こんな感じです スライドショーで見てみます こういう感じのステージのような グラデーションになっています Esc でスライドに戻ります では もう1度 色違いを作ってみます 「表示」から「スライドマスター」 こちらのサムネイルをクリックして Ctrl キーを押しながら 下にドラッグしてコピーします そして「背景の書式設定」ですね ここで背景の色を変えます 赤にしてみます このような感じになります マスターを閉じます スライド上で右クリックで「レイアウト」 そして選べば こういう風に出てきます スライドショーで見ると こういう感じに見えます 結構奥行きのある背景になっていますね それではスライドショーに戻ります このレッスンでは 立体感のある背景を 作る方法を学びました 背景に奥行きを持たせることで スライド上のオブジェクトに 質感を持たせることができます より印象に焼きつくプレゼンのために 立体感のあるプレゼンにしてみましょう

PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

このコースでは、オーディエンスの目を惹くための見やすく美しいPowerPointのスライドを作るための方法をお伝えします。「自分にはデザインのセンスがない」と思っている方でも大丈夫。すぐに使えるデザインやテクニックを豊富に紹介します。「いかにもパワポ」的なデザインから脱却したい方、「もっとおもしろみのあるスライドにしたい」という方は必見です!

2時間54分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。