PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

文字のレイアウトパターン

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スライドでもっともよく使われる「文字」。そのレイアウトパターンをいくつか知ることで、バリエーションに富んだ見せ方ができるようになります。
講師:
03:19

字幕

スライドで最もよく使われるのが 文字です そのレイアウトパターンを いくつか知ることで バリエーションに富んだ見せ方が できるようになります このレッスンでは 文字の レイアウトパターンを見ていきましょう まずこちらですが スライドの センターに文字を配置した― 非常にオーソドックスなパターンです 最もよく使われるパターンです 文字をセンターに配置する場合 文字も中央揃えにしておきましょう 次に 字間を広げたもの 文字の間をちょっと広げると 少し落ち着いた感じ 堂々とした感じになります 高級ブランドのロゴは 少し字間を広げたものが多いです 逆に文字の間を狭くすると なんだか慌ただしいというか 落ち着かない雰囲気になります 文字の感覚を変えるだけでも 少し印象が変わってくるわけですね これはこれで ちょっとやんちゃな これから勢いよく 伸び上がっていくような感じになります これは文字に強弱をつけたパターンです 「 Tone 」と「 Manner 」を 大きく 太くしています パッと見たときの視認性が非常に高く ポイントも伝わりやすくなります こちらは先ほどの文字を少し傾けたものです 文字を傾けるとスライドに動きが出ます これは文字を 90 度回転させて 縦に配置したパターンです こうなると メッセージというよりも スライドの飾りとして機能します これはフレーズを改行して 行間と字間を詰めたものです フレーズの視認性は低くなりますが デザインとしての面白味は結構ありますね こういうちょっとした遊び心が プレゼンの印象を強めたりします これは単語を分けて「 Tone 」と 「 Manner 」を強調したパターンです 視認性も高く 非常に分かりやすい表現ですね 文字だけでも十分スライドが成り立ちます これは文字を1文字1文字バラバラにして デザインしたものです デザインとしての面白味はありますが やりすぎると ちょっとよく分からなくなったりもします その辺りをバランスをとってやると 面白い表現にはなると思います 最後に これはフレーズを画面から はみ出させたレイアウトです 非常にダイナミックな印象を受けますね 画面からはみ出させることで スライドに勢いが生まれます このはみ出す文字はよく使う手法です このレッスンでは 文字の レイアウトパターンをいくつかご紹介しました ポイントは 「見やすさ」 つまり「視認性」と 「デザイン」つまり 「おもしろみ」のバランスです 言葉の意味がどう伝わるかを考えて 文字をレイアウトしていきましょう

PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

このコースでは、オーディエンスの目を惹くための見やすく美しいPowerPointのスライドを作るための方法をお伝えします。「自分にはデザインのセンスがない」と思っている方でも大丈夫。すぐに使えるデザインやテクニックを豊富に紹介します。「いかにもパワポ」的なデザインから脱却したい方、「もっとおもしろみのあるスライドにしたい」という方は必見です!

2時間54分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。