PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

画像のレイアウトパターン【全面】

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スライド全面に画像(写真)を配置するデザインは、非常にインパクトがあり、印象に残りやすいものになります。このレッスンでは、全面に画像を使うときのポイントを学びます。
講師:
07:47

字幕

画像を使うと プレゼンは印象に 残りやすくなります このレッスンでは 画像を 全面に使う方法をレクチャーします まず 画像のレイアウトパターンを3つ 覚えておきましょう 1つ目はスライド全面に画像を 配置するパターン 2つ目は上下左右スライドの半分を使って 画像を配置するパターン 3つ目は加工した画像を使うパターンです この3つのパターンを覚えておくと ビジュアルのレイアウトを パターンから選べるので レイアウトに 時間をかけずにきれいなデザインができます このレッスンでは 全面に画像を使う パターンをいくつかご紹介します その前に「絶対にやってはいけない レイアウト」を押さえておきましょう これどういうものかというと こういう感じなんですね どうなっているかというと 「角写真をそのまま貼り付け」ているんですね これ結構よく見ますね でも これをやると一気に スライドがもっちゃりした感じに なってしまうんですね ですので そのまま角写真を貼り付ける というのは避けてください 「絶対にやってはいけないレイアウト」です では 全面に画像を使うレイアウト 見ていきましょう まずこちらは スライド全面に画像を敷いて 写真の上に文字を載せるパターンです いわゆるワンビジュアル ワンメッセージのスライドです この手のレイアウトのポイントは 写真をトリミングして 空きを作ることです 空きのことをホワイトスペースと呼びます ホワイトスペースを作ることで ビジュアルとメッセージを より際立たせることができます このようなレイアウトの目安として 活用するのがガイドラインなんですね ガイドラインの主な構成は2分割線と 3分割線 そして外枠ですね 外枠のガイドラインというものになります このビジュアルの場合 プルキャップを 3分の1ラインの左に寄せて テキストを上下のセンターに配置しています このレイアウトの場合 右の3分の2が ホワイトスペースとしての 役割を果たしています ガイドラインですが 必ずしも 3分の1ラインや 2分の1ラインに沿わせる必要は ありません あくまでも目安として活用します このレイアウトでも これミーアキャットでしょうか そのフォルムのアクセントがなんとなく ガイドラインに合っているような トリミングに 実はなっています 偶然そうなったという感じでも 全く構いません そしてこのスライドでは 少しテキストを傾けています テキストを傾けることで スライドに 躍動感が生まれます こちらは センターにグラスを配置しています このグラス自体が左右対称の シンメトリーなデザインなので 左右センターに配置すると安定感が出ます 画像の中のオブジェクトによって上下左右 どの方向に置けばしっくりくるか 考えながらレイアウトしましょう こちらもセンターのレイアウトですね 写真自体が中心に向かって 消えていくような構図になっているので それをそのまま生かしたレイアウトです これも写真の特性に合わせたレイアウトですね こちらはビジュアルを上に寄せて テキストは下に配置したものですね 真ん中をすっぽりと空けた レイアウトにしています こんな風に大胆にスペースを空けると ビジュアルとテキストが際立って見えます ただし このレイアウトの場合 ちょっと注意すべきことがあります プレゼンをする状況によっては スライドの下のほうが前の人の頭で 隠れてしまう場合があります そんな状況ではスライドの下のほうに 重要なオブジェクトを配置してはいけません プレゼンのシーンをイメージしながら レイアウトするようにしましょう こちらは画像の特性を利用した レイアウトですね 黒板に文字が書かれているように レイアウトしています また 画像は上下左右センターのガイドに 合わせてトリミングしています これは2分の1ラインと3分の1ラインを 少し意識したレイアウトとなっています センターに入っているのが文字ですね これ2分の1ラインなんですが この波しぶきの部分が3分の1ラインの ちょうど上に重なるようになっています その下に写っている人の頭の部分ですね ここも3分の1ラインの辺りになっています これは左側に大きなスペースを空けた レイアウトですね このようにオブジェクトをはみ出させる テクニックもよく使います これは逆に右側にスペースを空けた レイアウトです 南京錠の位置は3分の1ガイドラインに 合わせています 以上見てきたように スライドの全面に 画像を配置する場合は 大きく空きを作ったり 使用する画像の特性を 生かすことが大切です その目安として2分割や3分割の ガイドラインを利用しましょう では 実際にやってみましょうか この写真とこのコピーで ちょっとスライドを作ってみます ESC で一旦スライドに戻して やってみますね まず写真をレイアウトします 写真の位置を左に揃えて 上に揃えて トリミングしていきます ここで写真をぎゅーっと スライドの右ですね ここに来るまで引っ張ります そして トリミングですね 「トリミング」を押して このハンドルを上げて スライドの下に合わせます こんな感じですかね 次に文字なんですが 色を変えましょう 色を白にしましょう そして もう少し大きくしましょう 文字は左に揃えましょう こんな感じですかね このようにこの部分に 大きな空きを作ることによって この文字と写真が際立って見えるように なっていると思います ちょっとスライドショーで見てみますね こういうスライドですね こういう形であまりごちゃごちゃさせない のが大切ですね このレッスンでは 画像を全面に 配置するレイアウトパターンを いくつかご紹介しました ポイントは画像に大きな空きスペース つまりホワイトスペースを取るということです あまりごちゃごちゃした見映えにならないよう 大きなスペースを残すようにしましょう

PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

このコースでは、オーディエンスの目を惹くための見やすく美しいPowerPointのスライドを作るための方法をお伝えします。「自分にはデザインのセンスがない」と思っている方でも大丈夫。すぐに使えるデザインやテクニックを豊富に紹介します。「いかにもパワポ」的なデザインから脱却したい方、「もっとおもしろみのあるスライドにしたい」という方は必見です!

2時間54分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。