PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

切り抜き画像”の作り方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、切り抜き画像のつくりかたを学びます。切り抜き画像は、スライドデザインの自由度を大きく高めるオブジェクト。角写真ではなく、画像を切り抜いて使ってみましょう。
講師:
08:49

字幕

このレッスンでは 切り抜き画像の作り方を学びます 切り抜き画像はスライドデザインの自由度を 大きく高めるオブジェクトです 角写真ではなく 画像を切り抜いて使ってみましょう ではいきますね まずそのやり方ですが 2つご紹介します まず1つ目は図形の形状を 変更するという方法です 例えば地球のような正円などを 切り抜くには この方法が簡単です 具体的にはまず 円の大きさに画像をトリミングします この地球の端まで写真をトリミングします 次に「書式」から 「トリミングツール」を選んで 「図形に合わせてトリミング」を選んで そこで円形を選ぶと切り抜けます 実際ちょっとやってみましょうね Esc でスライドに戻ります ではここからやってみましょうか まずトリミングですね 「書式」の「トリミング」で この地球の やや食い込み気味の ところに合わせて― トリミングしていきます こんな感じですかね 次にこの画像を選んで 同じく「トリミング」ですね この下の方を押しまして 「図形に合わせてトリミング」ですね ここで丸い形を選ぶと 丸くなります こんな感じですね こんな形で図形の形を変えることができます ではスライドショーに戻ります 次 もう1つやり方があります もう1つは図形の塗りに 画像を設定するという方法です これはちょっとした裏技です 具体的にはまずフリーフォームで 切り抜きたい画像を描画します この形をフリーフォームで描きます そしてさっきと同じように この画像を― この描いた図形のちょうど端に くっつくようにトリミングします その後にこの画像をカットして この図形の塗りとして設定すると 切り抜けます これもちょっとやってみましょうね Esc で戻ります これは予めフリーフォームで 描いてあります これを生かした状態でやってみます この画像を「トリミング」で― ちょうど端までトリミングします こんな感じですかね そしてちょっと図形をずらして 写真をCtrl+X でカットします Ctrl+X でカットします そして描いた図を選んで その上で右クリックします 「図形の書式設定」を表示させて 「塗りつぶし」ここですね 図またはテクスチャを選びます そしてクリップボードに貼り付けた 写真を選ぶと こんな形ですね こんなふうに切り抜けます これもそれほど難しくはありません 複雑な形状になると ちょっと フリーフォームで描くのが難しいですが 簡単な形ならこういうふうに すぐに切り抜き画像が作れます では同じように実際やってみましょうね 今度はフリーフォームから描いてみます いきますよ 画面を見やすくします フリーフォームは 「挿入」の「図形」の中にあります こちらですね 「フリーフォーム」 そして大体の形にクリックして 描いていきます ちょっと曲線とかは後で 頂点の編集というので 変えていかないといけないんですが ここは直線でやってみますね 直線で― このように画像を描いていきます そして最後ここ 始点と重なると このように色が変わりますので この重なったところでクリックすると 形ができます ではこの図形を横に置いておいて さらに図形の枠線を消します 枠線をなしにします これで形が描けました 次は写真をトリミングします 画像を選んで同じく 「書式」の「トリミング」です トリミングから― 先ほど描いた画像の端に くっつくようにトリミングします これは Alt キーを押しながらやると このようにガイドのラインが出ますので くっつきやすくなります こんな感じですね それで図を横に除けて 写真をCtrl+X でカットしますね そして図形で右クリックします 「図形の書式設定」を開きます 「塗りつぶし」で 「図またはテクスチャ」を開きます 先ほど作っていた画像がありますね 今「クリップボード」には 先ほどのプレゼントの箱が 格納されていますので クリップボードを押すと― はいこんな感じですね こういう形で切り抜けます これはもう写真ではなくて 図形になってしまっていますが それでも例えば いろんな図の効果なんかも使えます こんな感じですね こんな感じとか いろいろできます ある程度は写真と同じように扱えますね こういう形で切り抜いていきます ではスライドショーに戻ります はい こういう形ですね 切り抜けました このレッスンでは 画像の切り抜き方を学びました 四角い角写真をそのまま使うよりも 切り抜き画像を使った方が 見せ方の応用範囲も広くなり ちょっとプロっぽい見え方になりますね 複雑ではない画像の場合には 積極的に切り抜き画像にしてみましょう

PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

このコースでは、オーディエンスの目を惹くための見やすく美しいPowerPointのスライドを作るための方法をお伝えします。「自分にはデザインのセンスがない」と思っている方でも大丈夫。すぐに使えるデザインやテクニックを豊富に紹介します。「いかにもパワポ」的なデザインから脱却したい方、「もっとおもしろみのあるスライドにしたい」という方は必見です!

2時間54分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。