PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

スタンバイスライドを用意する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「スタンバイスライド」とは、プレゼンがスタートする前にスクリーンに表示しておくスライドのこと。このスタンバイスライドの役割とつくりかたをご紹介します。
講師:
03:04

字幕

スタンバイスライドとは プレゼンが スタートする前に スクリーンに表示しておく スライドのことです このレッスンでは スタンバイスライドの 役割と作り方をご紹介します まず スタンバイスライドの役割です よくあるプレゼンは プレゼンがスタートする時点で スクリーンに PowerPoint の 画面が映っていたり もしくはスライドショーモードに なっていたとしても いきなりプレゼンのタイトルが 表示されていたりします これはあまりよくありません これはオープニングのない映画のようなもので プレゼンテーションの雰囲気やプレゼンに 対する期待感が作れていないからです 一方 こんなスライドがスクリーンに 表示されていたらいかがでしょう 何となく これから始まるプレゼンに 期待感を抱きませんか もしくは しっかりと準備されているという 印象を持つでしょう これが スタンバイスライドというものです つまり スタンバイスライドとは プレゼンの雰囲気を作り オーディエンスの期待感を高める プレゼンの表紙なんですね ページを開いて 物語を読みたくなる そんな役割の物です 最も代表的なスタンバイスライドは こんな感じです スライドの中央にロゴや キーメッセージを配置します あまり大きくせずに やや小さめのほうが スマートに見えます そして 背景には会社の場合なら コーポレートカラーであったり プレゼンのトーンにあった 画像や映像を配置します これだけでOKなんですね あまりごちゃごちゃしていないほうが 期待感が高まります 具体的にはこんな感じです 真ん中にロゴがありますね 背景には これは映像を使っています 背景はやや明るさを抑えて ロゴが浮き上がるように見せています こちらも背景の映像が違うものですね プレゼンの内容に合わせて スタンバイスライドの雰囲気も 変えればいいでしょう 映像や画像ではなく このように プランドカラーを使うだけでも全く構いません いきなりタイトルではなく スタンバイスライドが1枚あるだけで プレゼンの雰囲気は大きく変わってきます このレッスンでは スタンバイスライドの 役割と幾つかのパターンをご紹介しました スタンバイスライドは オーディエンスの方を プレゼンに出迎える重要な要素です 何か面白いことが始まりそうだな そんな期待感をスタンバイスライドで 作りましょう

PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

このコースでは、オーディエンスの目を惹くための見やすく美しいPowerPointのスライドを作るための方法をお伝えします。「自分にはデザインのセンスがない」と思っている方でも大丈夫。すぐに使えるデザインやテクニックを豊富に紹介します。「いかにもパワポ」的なデザインから脱却したい方、「もっとおもしろみのあるスライドにしたい」という方は必見です!

2時間54分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。