PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

スライドとプレゼンターがコラボレーションする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スライドとプレゼンターがスライド上で交わることで、プレゼンのおもしろみは大きく高まります。スライドとプレゼンターがおもしろくコラボレーションできる方法をご紹介します。
講師:
05:14

字幕

Windows Vista 以降に 標準搭載された「拡大鏡」― これはスライドショーの最中でも使えます このレッスンでは拡大鏡を使った 見やすいプレゼンのやり方をレクチャーします まず拡大鏡の操作です 拡大鏡は PowerPoint の スライドショーの最中でも使えます いくつかのショートカットを覚えておけば スムーズに拡大機能を使いこなせます まず拡大鏡をオンにするのは Windows キー + 「+」キーですね 次に拡大鏡をオフにするには Windows キー + Esc キーです これは自然にできるようにしておきましょう 次に拡大鏡の倍率を変更するのは Windows キー + 「 + (プラス) 」キー  もしくは「- (マイナス)」キーです もう1つ拡大鏡のサイズを変更するのは Alt + Shift キー + 矢印 キーです この辺りまでは覚えておきたいところですね 次に全画面表示モードへ切り替えるのは Ctrl + Alt キー + F キーです F は Full の F ですね レンズモードへの切り替えは Ctrl + Alt キー + L キーです これは Lens (レンズ)の L ですね そして色を反転します これは非常に演出効果があります これは Ctrl + Alt + I (アイ)キーですね これは全部いっぺんに覚えるのは しんどいと思いますので とりあえずオンとオフ そして倍率変更 サイズ変更あたりまで 覚えておくといいかと思います では実際にこの画面でやってみましょう まず拡大鏡をオンにするのは Windows キー + 「+」 キーです これが今レンズモードです レンズモードは こんな感じになります そして拡大鏡をオフにするには同じく Windows キー + Esc キーです これで拡大鏡がオフになります 続いてもう一度オンにしますね Windows キー + 「+」キーで オンですね では倍率を変更してみます 倍率はこのままの状態で Windows キー + 「+」キーを押すと アップします 逆に 「-(マイナス)」キーを押すと 下がっていきます こういう感じですね 次にこのレンズのサイズを変更します サイズを変更するのは Alt キー + Shift キー + 矢印 キーです 例えば右矢印を押すと横に拡がります 逆に左の矢印を押すと範囲が狭まります 上下も同じで上の矢印を押すと 拡がります 下の矢印を押すと狭くなります こういう感じですね これがサイズの変更です 次に今レンズモードですが 全画面モードに変えることができます 全画面モードは Ctrl キー + Alt キー + F キーです 押しますね こんな感じで全画面に― こんな感じで全画面が拡大される こんな感じですね そしてレンズモードに戻すのは Ctrl + Alt + L Lens(レンズ)の L ですね これでまたレンズモードに戻りました そしてあと1つ これは演出効果が非常に高いんですけれども 色を反転させることができます これは Ctrl + Alt + I ですね こんなふうに色が反転するんですね 結構おもしろい見え方になるかと思います ということで Windows キー + Esc キーで 拡大鏡を終了しますね このレッスンでは 拡大鏡の使い方を学びました 基本的にスライドプレゼンテーションでは 見えづらい部分を作ることは NG です むしろ拡大鏡は 強調や注目を促す演出として プレゼンテーションのシナリオに 組み込んだ方が効果的でしょう 拡大鏡を演出として使うことで よりインパクトのあるプレゼンになります

PowerPoint 2013 プレゼンテーションスライドデザイン

このコースでは、オーディエンスの目を惹くための見やすく美しいPowerPointのスライドを作るための方法をお伝えします。「自分にはデザインのセンスがない」と思っている方でも大丈夫。すぐに使えるデザインやテクニックを豊富に紹介します。「いかにもパワポ」的なデザインから脱却したい方、「もっとおもしろみのあるスライドにしたい」という方は必見です!

2時間54分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年07月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。